徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

直言

Chokugen

安富祖 久明(あふそひさあき) 一般社団法人徳洲会 理事長

直言 生命いのちだけは平等だ~

安富祖 久明(あふそひさあき)

一般社団法人徳洲会 理事長

2021年(令和3年)1月1日 金曜日 徳洲新聞 NO.1268

良き習慣は伸ばし悪しき習慣
改め新しい叡智を築いていく
つねに思うことは「患者中心の医療」

2020年は新型コロナウイルスに明け暮れた一年でした。世界中で多くの方々が感染し亡くなりました。私たちの生活様式も一変、マスク着用や手指衛生、ソーシャルディスタンスの励行など、これまでなかった習慣が瞬く間に浸透しました。

あらためてコロナで亡くなられた皆さまに哀悼の意を表します。また、徳洲会グループの法人や病院・介護施設などに物品などを寄贈してくださった個人、企業・団体の皆さまに、心より御礼申し上げます。そして日々、現場で感染の不安を抱えながらも勇敢に立ち向かっている全職員に心から謝意を表します。

20年6月28日に理事長を拝命後、68病院と4施設を訪問、責任感をもって職務を全うする職員の皆さんに直接声をかけました。わずかな時間でも対話を通じグループのつながりを感じていただきたいと思ったからです。

徳田虎雄・名誉理事長が〝生命だけは平等だ〟の理念の下、「いつでも、どこでも、誰でもが最善の医療を受けられる社会」を目指し、離島・へき地を含む全国各地に病院や診療所、介護施設などを展開し始めた徳洲会の黎明(れいめい)期から、グループとしてのガバナンス(統治)構築の時代を経て、今、徳洲会は社会的使命をより強く自覚し、発展していく時であると感じています。

徳洲会はその歴史のなかで、つねに「患者中心の医療」を目指し、その過程で得た答えの一つひとつが今日ある社会的使命なのです。

修復腎移植を強力に推進

コロナ禍でも地域の方々のために新築移転や増築を貫徹します。21年は4月に先端医療センターを開設、5月に長崎北徳洲会病院、7月に札幌南徳洲会病院、12月に鹿児島徳洲会病院が新築移転オープンする予定です。

医療従事者の「働き方改革」も進めます。ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)などを活用した効率化は必須です。医療人の優しさや温もりを最大限生かせるように、テクノロジーやロボットにできることは、それらに任せます。システム化によってヒトとモノとの連携も構築していく考えです。

修復腎移植も進展します。宇和島徳洲会病院(愛媛県)副院長の万波誠先生らが臨床研究を開始してから約11年の歳月を経て、18年7月に先進医療として承認された修復腎移植は、体制を強化しスタートします。腎移植希望者は約1万3000人に上りますが、年間移植数は約1800例しかありません。移植までの平均待機期間は15年と長く、その間に多くの方々が亡くなっています。08年の「イスタンブール宣言」により、臓器移植は自国での自給自足が示されましたが、海外渡航移植に望みをつなぐ患者さんが後を絶たないのが現実です。この問題に光を照らすものこそ修復腎移植なのです。グループを挙げて全力で取り組んでいきます。

こうした社会的使命を果たすための成長と新たな展開を支えるのが経営です。医療法人徳洲会と医療法人沖縄徳洲会との合併が21年10月に実現し、経営の要である人的・物的資源と資金の調達を効率良く迅速に行うことが可能になります。

困難の先に希望ある未来

コロナは人との距離を取ることを強要しましたが、逆に生活や社会活動、精神の安定にとって、人とのつながりがいかに大切かを教えてくれました。職員の皆さんは徳洲会創設の精神、理念を行動基準とし、一丸となって患者さんや利用者さん、地域の方々のために邁進(まいしん)してください。現場はチーム力を発揮するとともに、各部会や一般社団法人徳洲会とコミュニケーションを緊密に取り合い、意思決定を迅速化し、効果的・効率的な行動や支援につなげてください。つねに改善という視点で良き習慣は伸ばし、悪しき習慣は改め、新しい叡智(えいち)を築いていくことが肝要です。病院・施設のリーダーはコロナ対応の不安と恐怖で傷ついた職員を気遣い労(いたわ)ってください。

徳洲会は1973年の創設以来、幾多の困難を乗り越えてきました。乗り越えた壁の向こう側には、必ず希望が満ちあふれる未来があります。皆で頑張りましょう。

福島 安義(ふくしまやすよし) 一般社団法人徳洲会 副理事長

直言 生命いのちだけは平等だ~

福島 安義(ふくしまやすよし)

一般社団法人徳洲会 副理事長

2021年(令和3年)1月1日 金曜日 徳洲新聞 NO.1268

医療を必要とする世界への支援を
いかに実行していくか考える年に

新年おめでとうございます。2021年は、かつてないような年明けになりました。新型コロナウイルス感染症の勢いは、いまだ衰えず、まずはこの感染症をいかに克服するかから始めなければなりません。この闘いはワクチンが効力を発揮するまでの間、長期戦を覚悟しなければならないと思います。

しばらくは緊張を強いられる状況が続くと思いますが、標準予防策を徹底しながら検査を駆使し、クラスター(感染者集団)が発生しないようにしなければなりません。とくに介護部門は親病院との連携の下、今以上の対策が必要と考えます。そして、この感染症に対応しながら、他の疾患の患者さんの治療を遅滞なく行えるようにすることが、当面の課題です。

コロナ後の世界は、働き方などに変化をもたらすかもしれません。その変化に対応しつつ、私たちの理念である“生命だけは平等だ”を遂行できるようにすること、そして、この感染症のために滞っている世界中の医療を必要としている方々のための支援を、私たちがいかに実行し貢献していくか考える年になると思います。

東上 震一(ひがしうえしんいち) 医療法人徳洲会 副理事長 岸和田徳洲会病院(大阪府) 総長

直言 生命いのちだけは平等だ~

東上 震一(ひがしうえしんいち)

医療法人徳洲会 副理事長 岸和田徳洲会病院(大阪府) 総長

2021年(令和3年)1月1日 金曜日 徳洲新聞 NO.1268

つねに弱い人の立場で精一杯努力
コロナ後は新しい価値創造へ挑戦

明けましておめでとうございます。新型コロナに立ち向かう仲間に心からの感謝と“本当にご苦労さま”と伝えたいと思います。各徳洲会病院が医療の質と量を落とさず、感染の爆発的拡大下でも、その治療に粛々と取り組む姿に頭が下がります。

当院も例外ではなく救急で受け入れた重症患者さんに、行政のフォローアップセンターからの医療圏を越えた最重症患者さんを加えると、じつに36台の人工呼吸器が稼働。そして、どんどん重症対応の病床が埋まり、いよいよ病床がないという時、「大丈夫です。徳洲会ですから何とかします」。思わずスタッフに返す言葉を失いました。

恐らく同様の光景が全国の徳洲会病院で起こっているかと思うと、このリアルな状況を紹介せずにいられませんでした。この医療危機のなか、心が抜け落ちていれば、その組織は本当には機能しないという思いを強くします。つねに弱い人の立場で精一杯努力する。それを矜持(きょうじ)とする仲間に誇りを感じます。コロナ後には、徳洲会は新たなる価値の創造に挑戦することが目的になります。仲間の力を信じ、皆で頑張りましょう。

篠崎 伸明(しのざきのぶあき) 医療法人沖縄徳洲会 副理事長 湘南鎌倉総合病院(神奈川県) 院長

直言 生命いのちだけは平等だ~

篠崎 伸明(しのざきのぶあき)

医療法人沖縄徳洲会 副理事長 湘南鎌倉総合病院(神奈川県) 院長

2021年(令和3年)1月1日 金曜日 徳洲新聞 NO.1268

柔軟に変化し形を変え体制を変え
新しいものを取り入れ困難克服へ

明けましておめでとうございます。このコロナ禍でも徳洲会グループ施設の新築や建て替え、増築が着々と進み、コロナ収束時には新しい景色になっていると思います。そして体力も、体制も、IT(情報技術)も、さらにたくましくなっているはずです。私たちはコロナ禍により、徳洲会の“生命だけは平等だ”の理念に沿う「救急は断らない」、「困っている方に手を差し伸べる」という行動の大切さを再確認しました。

ダーウィンが言うように、強く大きいだけでは、将来にわたり持続的に医療・介護サービスを提供できないでしょう。私たちは時代や環境の変化、新型コロナ感染症のようなパンデミック(世界的大流行)に対し、従来のものに固執せず、柔軟に変化し、形を変え、体制を変え、新しいものを取り入れて困難を乗り越える――そうしたDNAを獲得してきました。

それは私たち一人ひとりが、自分たちのためではなく、患者さん・利用者さんのためになるかどうかという判断基準をつねに共通の軸足としてもっているからです。2021年もこの判断基準をもとに行動しましょう。

PAGE TOP

PAGE TOP