徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP 45th

1次・2次救命処置

BLS・ALS

ALS(2次救命処置)コース

平成30年TCLSコース開催予定表

開催日 コース名称 場所 開催場所
4月7・8日 第148回 TCLS湘南藤沢コース 湘南藤沢徳洲会病院 神奈川県藤沢市
5月12・13日 第149回 TCLS東京西コース 東京西徳洲会病院 東京都昭島市
6月9・10日 第150回 TCLS名古屋コース 名古屋徳洲会総合病院 愛知県春日井市
7月7・8日 第151回 TCLS庄内余目コース 庄内余目病院 山形県東田川郡庄内町
8月18・19日 第152回 TCLS和泉市立コース 和泉市立総合医療センター 大阪府和泉市
9月8・9日 第153回 TCLS鎌ケ谷コース 鎌ケ谷総合病院 千葉県鎌ケ谷市
10月20・21日 第154回 TCLS吹田コース 吹田徳洲会病院 大阪府吹田市
11月10・11日 第155回 TCLS札幌コース 札幌徳洲会病院 北海道札幌市
11月17・18日 第156回 TCLS大垣コース 大垣徳洲会病院 岐阜県大垣市
12月8・9日 第157回 TCLS高砂西部コース 高砂西部病院 兵庫県高砂市
2月16・17日 第158回 TCLS南部コース 南部徳洲会病院 沖縄県島尻郡八重瀬町
3月9・10日 第159回 未定
  1. ※各コースは土日の2日間コースで、定員30名を先着受付します。
  2. ※各コースの応募受付は詳細が決まり次第、順次表示いたします。

徳洲会TCLSコースのご紹介

TCLSとは?
ACLSはAHA(米国心臓病学会)から推奨されたガイドラインで、科学的根拠に基づいた、 心肺蘇生法のプロトコール。徳洲会TCLSコースでは、ACLSガイドラインに基づき実際の医療機器を使用したシュミレーション実習を行っています。
TCLSコースの目的
  • 科学的根拠に基づいた心肺蘇生の習得
  • 心肺蘇生技量の標準化
  • 心拍再開率向上
TCLSコースの対象者
医療従事者(研修医優先)
徳洲会TCLSコース予定表
1日目
内容 時刻 時間 内容
1 8:30~8:45 15 受付
2 8:45~9:00 15 開会式
3 講義1 9:00~9:20 20 ACLSの概略
4 講義2 9:20~10:15 55 ACLS各論
10:15~10:25 10 休憩
5 実技1 10:25~11:25 60 モニターと除細動の使用方法
6 実技2 11:25~12:25 60 気道管理、TCP
12:25~13:15 50 昼食
7 実演1 13:15~13:30 15 デモンストレーションA
8 実技3 13:30~14:30 60 BLS、AED
14:30~14:40 10 休憩
9 実演2 14:40~15:05 25 デモンストレーションB
10 実技4 15:05~16:05 60 Vf/pulselessVTの診断、治療
11 実技5 16:05~17:05 60 PEA/Asystoleの診断、治療
17:05~17:15 10 休憩
12 実演3 17:15~17:35 20 IOデモンストレーション
13 実技6 17:35~19:00 85 Mega Code-I
  1. ※実技1、2は、2グループでローテーションします。
  2. ※実技3、4、5、6は4グループでローテーションします。
2日目
内容 時刻 時間 内容
14 講義3 8:30~9:30 60 不整脈
9:30~9:35 5 休憩
15 試験1 9:35~9:50 15 筆記試験
16 講義4 9:50~10:05 15 筆記試験 解説
10:05~10:15 10 休憩
17 実演4 10:15~10:45 30 デモンストレーションC
18 実技7 10:45~12:15 90 Mega Code-II
12:15~13:05 50 昼食
19 試験2 13:05~16:00 175 BLS、AED実技試験
20 試験3 13:05~16:00 175 ACLS実技試験
21 16:00~16:15 15 修了式
22 懇親会 16:15~16:45 30 反省会
  1. ※修了式にて修了証、TCLSバッチを贈呈します。
  2. ※修了式後懇親会を行いますので皆さんご参加ください。

徳洲会TCLSコースの開催実績(PDFファイル)

講座内容

【講義】TCLSの概略

  • TCLSの概略
  • TCLSコースの歴史
  • BLSとAED
  • 気道確保
  • 換気
  • 輸液路
  • 薬物
  • 電気的治療
【講義】TCLSの概略

  • バッグバルブ付マスクでの換気法
  • 気管挿管の実技と、確認方法
  • 輪状甲状間膜切開のデモンストレーション
【実習2】心電図モニターと除細動器の使用方法

  • 基本的な心電図モニターの使用方法
  • フラットラインプロトコールの確法
  • 安全な除細動
  • 緊急カルディオバージョンの方法
  • 経皮的ペーシングの使用方法
【実習3】BLSとAED

  • ポケットマスクの使用方法
  • 一人で行うBLS
  • AEDの使用方法
  • 安全なAEDの取り扱い
【実習4】心停止、不整脈の診断と治療
  • Vf/pulselessVTの診断、治療
  • Asystoleの診断、治療
  • PEAの診断、治療
  • 完全房室ブロック、不安定な心室頻拍、 安定した発作性上室性頻拍の診断・治療
【実習5】IO(骨髄内投与)デモンストレーション・実習

  • BIGを使用しての骨髄路確保の体験
【実習6】Mega Code
  • 症例を提示した、実践シュミレーション
【筆記試験】

  • 50問の二択問題
  • 講義・実習での内容から出題
  • 合格ラインは、医師8割以上、他の職種7割以上
  • 筆記試験終了後に解説を行う
【実技試験】

  • 状況設定後、受講者はチームリーダーとして、
    心肺蘇生チームの指揮をとる。
  • 幾つかの不整脈の組み合わせにより治療を進めていく。
受講のお願い

  • 科学的根拠に基づいた心肺蘇生法を理解して頂きたい。
  • 心肺蘇生法の標準化。
  • 標準化された心肺蘇生法の普及。

(順不同)

使用テキストについて

徳洲会TCLSコースでは、当初、テキストとして、「TCLSマニュアル」青木重憲著 (医学書院)を使用して参りました。受講者用のテキストとしては、分かりやすく、初受講者に対しては優れた著書であります。次にAHA G2000のプロバイダー向けテキストとして、平成15年9月に、「ACLSプロバイダーマニュアル 日本語版」がへるす出版(中山書店)より発売され、活用して参りました。

G2010の発表に伴い「JRC蘇生ガイドライン 2010」がへるす出版より、「ACLSプロバイダーマニュアル 日本語版」がシナジー社より発売されておりましたが、この度、医療従事者用として「救急蘇生法の指針 2010」が発売されました。
当コースでは、テキストの選択・購入を受講者の自主選択とさせて頂いております。

受講者には講習会用資料を配布しておりますが、内容をより深く理解していただくために、以下にご紹介するテキストのご購入をお勧めいたします。
受講に備え、テキストの熟読が必要となります。

推薦テキスト
救急蘇生法の指針 2015 <医療従事者用>
へるす出版 定価:3,996円(税込)
  1. ※ 各自書店にて購入ください
  2. ※ インターネットでも購入が可能ですが、配送に時間がかかる場合があります。配送日程をご確認のうえでお申し込みください。
参考資料
JRC蘇生ガイドライン 2015
一般社団法人 日本蘇生協議会 (監修)
医学書院 定価:4,860円(税込)
AHAテキスト 最新シリーズ
株式会社シナジー

PAGE TOP

PAGE TOP