徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

直言

Chokugen

医療法人徳洲会 理事長
一般社団法人徳洲会 理事長
安富祖 久明(あふそひさあき)

直言 生命 いのち だけは平等だ~

安富祖 久明(あふそひさあき)

医療法人徳洲会 理事長 一般社団法人徳洲会 理事長

2022年(令和4年)05月30日 月曜日 徳洲新聞 NO.1340

日々の8時会や朝礼などでの理念の唱和
職員一人ひとりに“背骨”を通すと確信
脅威冷めやらぬコロナ感染症に最善の対応継続

この2年半、新型コロナウイルス感染症が世界中で猛威を振るい、人々に多くの被害をもたらしました。国内では流行拡大とともに緊急事態宣言、まん延防止等重点措置などの規制が敷かれ、経済界や政界、多くの社会的・文化的活動が混乱しました。医療界でも病床逼迫や緊急搬送困難事例などが多発し、各地で地域医療崩壊の危機が起こりました。この間、私たちは怯むことなく発熱外来やPCR検査体制の強化、病棟ゾーニング(区分け)、コロナ専用病棟の運営、コロナ重症病棟の開設、治療薬の早期導入、地域でのワクチン接種への協力など、あらゆる手段を講じ、全国のコロナ入院患者数の3~4%を受け入れました。私たちが苦しみながらも、この危機を乗り越えられたのは、ひとえに病気で困っている患者さんに手を差し伸べるという医療人としての使命感を発揮したからこそだと思います。

政府は新型コロナのパンデミック(大流行)で傷んだ社会を立て直すため、“ウィズコロナ”に大きく舵をきり始めました。しかし、今なお多くの感染者が発生しており、医療現場では神経をすり減らす日々が続いています。患者さんや地域住民の方々はもとより、医療従事者もコロナの不安と闘っているのです。私たちは、これまでの経験を知恵として蓄積してきました。これをさらに磨き上げ、最善の対応をするために一般社団法人徳洲会と、各部会、各施設・職員が連携し、情報共有を密にすることが重要です。

法人統合した医療法人徳洲会 今まで以上に社会的責任増す

2022年2月、埼玉医療生活協同組合の解散により全ての医療施設運営法人が医療法人徳洲会に統合されました。かつては21の法人が林立していましたが、それが一本化できたのです。これにより業務の合理化、簡素化、公正化だけでなく、経費の削減や法人運営の適正化にも大きく寄与します。また、北海道から沖縄県、離島・へき地まで、人の移動がより自由に活発になります。徳洲会創設者の徳田虎雄・名誉理事長が“生命だけは平等だ”の理念と、「いつでも、どこでも、誰でもが最善の医療を受けられる社会の実現」を掲げ、徳洲会病院を開設しだした当時、「私たちの地域には病院がありませんので、ぜひ病院をつくってください」という陳情が全国から次々に届きました。徳田・名誉理事長は、地域住民の方々の要請に応えたいという一心で、その地域にどうすれば病院がつくれるのか、「愛と真実を求めて」、自らに「生か死か」を問い続け、不屈の精神であらん限りの知恵を絞りました。

多くの法人が一本化できたのは、徳洲会が社会的存在としてステークホルダー(利害関係者)である厚生労働省や医師会、取引企業、地域住民の方々、患者さんなどから認められるようになったからです。逆風のなかにあっても、目の前の患者さんのために、地域住民の方々のために、誠実に医療を提供し続けた職員一人ひとりのひたむきな努力があったからなのです。多くの法人を統合した医療法人徳洲会は、これまで以上に社会的な責任が増しています。今後はより一層のガバナンス(統治)、コンプライアンス(法令順守)の強化が求められます。また職員全員が理念・哲学にベクトル(方向)を合わせ、一丸となって医療・介護サービスの提供に専念しなければなりません。

徳洲会の原点・理念など継承 仲間と一緒に明日の成長担う

私は理事長に就任後、全ての徳洲会グループ病院を訪問しました。日々、8時会や全体朝礼、医局会を開催し、患者さんの情報や前日の業務実績を確認、連絡事項を共有した後、理念の唱和が行われます。この実践こそが、徳洲会の理念という“背骨”を職員一人ひとりに通すと確信しています。これからも継続することを願ってやみません。

今年度は約3300人もの新入職員を迎え入れることができました。新型コロナ感染症の恐怖やリスクと隣り合わせで働くことを覚悟し、徳洲会病院・施設に入職した仲間です。コロナ禍によって十分な臨床研修やコミュニケーションができないなか、さぞや苦労も多いことでしょう。病気で困っている患者さんを救いたいという純粋な医療人の心と情熱をもった新入職員に、徳洲会の原点・理念や、さまざまな技術、経験を伝え、厳しくも愛情と優しさをもって、一緒に明日の成長を担う仲間として育てていただきたいと思います。皆で頑張りましょう。

PAGE TOP

PAGE TOP