徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

徳洲新聞ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2021年(令和3年)10月11日 月曜日 徳洲新聞 NO.1308 3面

新型コロナ対策
活動再開に向けて方針を示唆
ワクチン3回目接種にも言及
一般社団法人徳洲会

一般社団法人徳洲会は10月1日、徳洲会グループの病院三役(院長、看護部長、事務長)、感染対策委員長宛てに新型コロナ対応に関する通知を発した。

「緊急事態宣言(まん延防止等重点措置)解除後の対応」については、ワクチン接種が一定程度進み、日常生活での緩和措置が検討されている社会情勢をふまえ、徳洲会グループでも「感染対策を講じたうえで、制限していた活動を再開していくべきと考えている」と方針を示唆。感染対策を十分に講じることを前提に、診療機能や介護サービスなどを通じ、患者さんや利用者さんのニーズに積極的に応じたり、業務に関連する職員の往来、会議、研修、医療講演などを実施したりするよう求めた。

ただし、①施設内クラスター(感染者集団)を防止する観点から入院・入所後の健康観察、有症状時の早期検査、早期対策の徹底、②病院(法人)主催の懇親行事(忘年会や部署単位の懇親会など)の自粛――などについては継続するよう要請した。また、過去に陽性となった患者さんの受診対応にも言及。

「ワクチンの追加接種(3回目)」にも触れており、現時点では正式に認められていないため、病院の判断で行わないよう注意喚起した。

PAGE TOP

PAGE TOP