徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

徳洲新聞ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2020年(令和2年)9月21日 月曜日 徳洲新聞 NO.1254 一面

徳洲会放射線部会
新手法の全身MRI撮影を推進
価格優位のがん検査「DWIBS法」

徳洲会放射線部会は、MRI(磁気共鳴画像診断装置)で全身を撮影する新手法であるDWIBS(ドゥイブス)(背景抑制広範囲拡散強調画像)法を用いた検査を推進している。これは主に悪性腫瘍(がん)の発見や転移の検索、化学療法や放射線治療の効果判定などに用いる。造影剤不要で放射線被曝もなく、低価格なのがメリットだ。同部会では新しい有意義な検査方法として、グループ病院で実施できるように取り組んでいる。

造影剤不要で放射線被曝なし

DWIBS法を実施している徳洲会病院

これまでMRIの腹部撮影では、呼吸運動がネックになると考えられてきたが、東海大学の高原太郎・工学部医用生体工学科教授の研究により、自由呼吸下で撮影しても影響を及ぼさないことがわかった。これにより長時間の撮影が可能になり、細かいデータを測定することで、三次元的に全身を撮影できるようになった。

こうして2004年にDWIBS法が開発され、これまで一度に体の一部分のみの評価しか行えなかったMRIによる拡散強調画像(DWI)が、一度の検査で全身撮影できるようになった。DWIは造影剤を使用しなくても撮影可能であり、放射線被曝もないことから、DWIBS法は安全に全身を評価できる。

DWIBS法では低コストかつ放射線被曝なしで全身撮影ができるDWIBS法では低コストかつ放射線被曝なしで全身撮影ができる
オンラインで実施した徳洲会放射線部会ブロック長会議オンラインで実施した徳洲会放射線部会ブロック長会議

DWIBS法は全身のがん検索に加え、がん組織の活性の評価、化学療法や放射線治療の効果判定での有用性が高く、多くのがんの評価に使用できる。正常な細胞の多くは比較的、細胞間の水分子の拡散制限が少ないのに対し、悪性腫瘍や炎症、膿瘍(のうよう)、細胞性浮腫などは水分子の拡散が制限され、画像上、濃淡の違いが生じ、病変の検出力が高い。DWIBS法で撮影した画像は、病変が強調されて表示されるため、がん病変の位置や大きさ、分布がわかりやすく、全身のスクリーニングにより転移の有無も確認できる。

徳洲会放射線部会は6月13日、WEB会議システム「Zoom」を使いブロック長会議を開催。経営対策としてDWIBS法を挙げ、鎌ケ谷総合病院(千葉県)で実施している撮影法が紹介された。

部会長の服部篤彦・同院放射線科技師長は「今年度の診療報酬改定で、全身MRI撮影加算が付きました。現在グループ病院で算定できる施設はありませんが、検査の有用性がはっきりと示されたこともあり、部会として推進していきたいと考えています。ただし、がんが、すべて発見できることを担保している検査ではないので、検査の特徴を見極めながら実施していきたいです」と強調。

東京西病院が件数トップ

オンライン健康講座でDWIBS法の説明をする板垣・副技師長オンライン健康講座でDWIBS法の説明をする板垣・副技師長

グループ病院のうち、もっともDWIBS法による検査の実施件数が多いのが東京西徳洲会病院だ。同院では15年頃から、佐藤一彦・副院長兼乳腺腫瘍センター長が全身MRI撮影の導入を企図していた。

乳がん患者さんの治療後にPET―CTで全身検査をしたい場面があるが、治療後の効果判定としてのPET―CTは、保険適用外(悪性リンパ腫のみ適用)で全額自費負担(8万6250円)。場合によっては混合診療となる可能性もある。

乳がん患者さんは治療だけで大きな経済的負担があり、せめて検査費用を最小化したいという気持ちが強いことから、同院はDWIBS法の導入を検討。同法であればMRI検査として、必要に応じ繰り返し検査可能で保険適用の範囲も広い。3割負担の4800円(3・0テスラの場合)で検査できるため、患者さんにとって経済的負担を大幅に軽減できる。

同院では18年末に、これまで使用していたMRI装置がエンドサポートを迎えるにあたり、更新装置としてDWIBS法が実施できる機種を選定。今年2月に導入後、画像調整や検査プロトコルの調整などを行い、新しいMRI装置を本格稼働するタイミングでDWIBS法による検査も開始した。

板垣伸一・放射線科副技師長は「有用な症例を経験し、医局会や院内メールなどで共有することで、乳腺腫瘍科だけでなく、外科や消化器科を中心にDWIBS法による検査件数が増えていきました。検査時間は通常のMRI検査より少し長く、40~50分程度ですが、今後の課題として30分で実施できるようにしていきたいです」と抱負を語る。

同院では7月から、健診・人間ドックに「DWIBSコース」を設置。また、板垣・副技師長は6月下旬に開始したオンライン健康講座で、「最新のMRI検査の紹介」をテーマに講演を行い、地域の方々への周知にも意欲的に動いている。

PAGE TOP

PAGE TOP