徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

徳洲新聞ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2018年(平成30年)9月17日 月曜日 徳洲新聞 NO.1151 二面

サマーセミナー開催

医学生32人が参加し交流 医学生32人が参加し交流

湘南鎌倉病院は8月18日、第13回湘南鎌倉サマーセミナーを開催した。同セミナーは医学生4~6年生を対象に、診療科の紹介、症例検討会、シミュレーショントレーニングなどを行い、同院の初期研修の雰囲気を感じてもらうのが目的。今年は32人が参加。

冒頭、研修委員長を務める山上浩・救命救急センター長が挨拶。「当院では仕事とプライベートのめりはりを付けた効率の良い研修を目指しています。2年間という限られた時間で多くの症例を経験し、将来どの診療科に進んでも役に立つ知識と知恵を得ることができます」と強調した。

セミナーではジョエル・ブランチ臨床教育部長、長崎進哉・総合内科医師らによる症例検討会、外科基本手技や気管挿管などを学ぶシミュレーショントレーニングを実施。終了後のアンケートでは、同院で研修を受けたいかという問いに対し、全員が「とても思う」、「やや思う」と答え、関心の高さがうかがえた。

PAGE TOP

PAGE TOP