徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

徳洲新聞ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2018年(平成30年)7月9日 月曜日 徳洲新聞 NO.1141 四面

教えてドクター

祖父がおしめを開始


Q.「おしめは誰に相談すれば良いですか」(主婦・48歳)

お答えします

田中つや子・茅ヶ崎徳洲会病院(神奈川県)内科・在宅診療部部長 田中つや子・茅ヶ崎徳洲会病院(神奈川県)内科・在宅診療部部長

A.医師でもご存じない方がいらっしゃるおしめの話。じつは医師は「使用証明証」を出すだけで、介護保険のことやおしめの質などは不問にしてしまいます。では、誰が詳しく、おしめの話ができるかというと、ケアマネジャーや訪問看護のスタッフたちです。

介護スタッフは現場に足を運ぶため、おしめのことだけでなく、介護現場のことなら何でも相談できます。なかには40歳代からおしめを始める方もいて、話をしたがらないこともありますが、何でも相談してほしいです。

最近はテレビでも、おしめのCMをよく見かけます。相性の良い介護スタッフとの出会いがありますように。

PAGE TOP

PAGE TOP