徳洲会グループからのお知らせ

15年前に三つ子をケア 母親から感謝の手紙

【福岡徳洲会病院】

2022/09/20

九州地方


福岡徳洲会病院に15年前に三つ子を出産した母親から感謝の手紙が届いた。三つ子はいずれも極低出生体重児で、当時、新生児科の村松和彦医師(現・社会福祉法人徳和会理事長)らがNICU(新生児集中治療室)で約4カ月にわたりケア、無事に退院した。

手紙には、今春、3人とも高等学校に進学したことが記され、「当たり前のことかもしれませんが、私にとっては夢のような現実です」と記載。「不安を払拭してくださっただけでなく、管理入院していた別の病院まで足を運んで子育て会議に出席してくださり、いろいろと知恵を絞ってくださいました。私は、その時のことを忘れておらず、今でも感謝しています」と同院に対する謝意がつづられていた。

当時、看護師長として携わった瀬上希代子・看護部長は「当時のスタッフは配置換えにより、今は別々の部署に所属していますが、手紙を見せると、皆、覚えていました。私たちも人生のサポートができ、うれしく思っています」。

 

→徳洲新聞1353号掲載

 

福岡徳洲会病院病院 看護部ページはこちらから
https://www.f-toku.jp/section/nurse/index.php

一覧へ戻る

page top
徳洲会について
- 理事長ご挨拶
- 概要
- 沿革
看護部のご紹介
- 看護部について
- 教育について
- 働き方改革
- 新人看護師メッセージ
- 先輩看護師メッセージ
- 徳看マガジン
- 災害看護
募集概要
- 職員募集
- 奨学生募集
施設一覧
- 病院一覧
- 訪問看護ステーション一覧

一般社団法人 徳洲会 〒102-0074 東京都千代田区九段南1-3-1 東京堂千代田ビルディング14F
TEL:(03)3262-3133
Copyright(C)Tokushukai All Rights Reserved.