• English
  • ホーム
  • サイトマップ
ご意見・お問い合わせ

 

HOME > Web配信番組 > バックナンバー

どんな場所でも生命だけは平等だ 徳洲会グループWeb配信番組

Web配信番組	過去の配信・バックナンバー

最新配信号に戻る

2016.11 第32回配信 喜界島編

奄美大島の東25㎞にある喜界島は人口7千百人の小さな島。産業はサトウキビ栽培等の農業が中心で過疎化が進み、高齢化率も群島一高い36.4%になっています。この島唯一の病院が喜界徳洲会病院。浦元智司 院長に高齢者の多い島の医療の現状やその対応についてお話を伺うとともに、病院スタッフが日々実践している医療をリポートしていきます。

2016.10 第31回配信 沖永良部島編

1990年にグループ2番目の離島病院として開院した沖永良部徳洲会病院は「健康と生活を守る病院」の理念のもと、1万3千人の島の医療に邁進してきました。老朽化の目立つようになった病院は2017年12月の開院を目指し新築移転することになりました。新病院への思いを渡慶次賀博院長に伺うとともに、島の医療の実際についてリポートしていきます。

2016.9 第30回配信 名古屋編

1986年の開院以来、春日井市および近隣の名古屋市や岐阜県の救急医療に貢献してきた名古屋徳洲会総合病院は、2014年、隣接地に新築移転しました。救急医療・先進医療・地域医療をさらに充実させた病院について、前田 徹 院長、大橋 壯樹 総長にお話を伺うと共に、最前線で治療にあたる医師や看護師の活躍をリポートします。

2016.8 第29回配信 東京西編

東京西徳洲会病院は2005年の開院以来、北多摩西部地域の救急医療に貢献してきました。病院のめざす医療について渡部和巨院長に伺うとともに、東京都がん診療連携病院に指定された包括的がん診療センター、糖尿病患者の下肢救済に力を注ぐ形成外科など、実際に治療・看護にあたる医師・看護師やスタッフの活躍をリポートします。

2016.7 第28回配信 新潟山北編

新潟県村上市の山北地区は人口約6千人、高齢化率は40%を超えるという地域。この地に1998年開院した山北徳洲会病院は、「離島へき地でも最善の医療を!」という理念のもと、地域密着で人々の健康と安全に貢献してきました。高齢者中心の医療・看護・介護サービスを提供する病院を医師、看護師、スタッフ各々の活躍を通して紹介していきます。

2016.6 第27回配信 山形庄内編

1991年開院の庄内余目病院は、高齢化が進む庄内地区で、ケアミックス病院として、急性期、回復期、慢性期の患者さんに対応してきました。高度な先進医療を提供する一方、高齢者が安心して療養できる環境づくりにも取り組んできたこの病院のあり方について医師、看護師、コメディカルスタッフにお話を聞き、その活躍をリポートしていきます。

2016.5 第26回配信 北海道札幌編

グループ初の北海道の病院として1983年に開院、2012年に新築移転した札幌徳洲会病院は、地域の急性期医療に貢献してきました。中でも外傷センターは重症外傷に多くの実績を持っています。治療、リハビリ、ケアにチームで取り組むこの外傷センターの活躍をリポートするとともに、病院が目指す医療について奥山 淳院長にお話を伺います。

2016.4 第25回配信 出雲編

2006年、出雲市斐川町にグループ62番目の病院として開院した出雲徳洲会病院は、急性期~慢性期の患者さんを受け入れ、地域密着の医療・介護サービスを展開してきました。 訪問リハビリ、訪問看護に取り組む病院スタッフや病院併設の老健施設を取材するとともに、田原英樹院長が目指す地域密着の医療・介護についてお話を伺います。

2016.3 第24回配信 京都宇治編

1978年の開院以来、京都南部地域の救急医療に貢献してきた宇治徳洲会病院は、2015年に新築移転、最新の検査機器、医療機器を備え、機能を高めた。
この新病院から、高精度のがん治療システム・トゥルービームを使用した放射線治療、充実度を高めた救命救急センター、地域周産期母子センターの活躍を中心に紹介する。

2016.2 第23回配信 福岡編

福岡市のベッドタウン春日市に位置する福岡徳洲会病院は、1979年の開院以来、24時間年中無休の体制で地域医療に貢献してきた。その病院が2014年に新築移転。
最新の医療機器・検査機器を備えた病院に進化した。新病院について海江田院長に思いを­訊くと共に、特徴ある救急センター、周産期センターの活躍を取材・紹介する。

2016.1 第22回配信 屋久島編

鹿児島県・大隅半島の南に位置する世界自然遺産の島・屋久島。
屋久島徳洲会病院は「島の人々の健康と生命を守る病院」という使命のもと、地域密着の­医療を提供してきました。
一方、年間30万人以上訪れるという観光客・登山客の救急医療や、噴火した口永良部島­からの避難民の診療や健康維持にも貢献してきたこの病院の医師や看護師の姿をリポートします。

2015.12 第21回配信 大隅鹿屋編

1988年の開院以来、大隅半島全体の医療を担ってきた大隅鹿屋病院。
その病院が2014年旧病院隣接地に新築オープン。
最新の医療機器・検査機器のみならず患者さんやご家族のアメニティを充実させた病院に生まれ変わりました。
この新病院について井戸弘毅院長にお話を聞くとともに、半島唯一の循環器センター、救急医療を担う医師たちの活躍についてリポートします。

2015.11 第20回配信 徳之島編

鹿児島から南西に480㎞に位置する人口2万4千人あまりの自然豊かな島・徳之島。
この島に1986年に開院した徳之島徳洲会病院は、徳洲会グループの原点とも言うべき離島病院です。
徳之島は長寿・多産の島として有名で、病院でも周産期医療と高齢者の訪問診療、訪問看護・介護に積極的に取り組んできました。
こうしたこの島ならではの医療のあり方について紹介します。

2015.10 第19回配信 奄美 笠利編

奄美大島北端、笠利町は人口約6000人、高齢化率が36%という超高齢社会です。
この地域唯一の総合病院が社会医療法人鹿児島愛心会 笠利病院。岡 進院長が行うペインクリニック・鍼治療・漢方治療を組合せた外来診療は地域の多くの人たちに支持されています。
番組ではこの診療について紹介すると共に、訪問診療・介護にも力を注ぐこの病院の医師・看護師・スタッフの活躍も追います。

2015.8 第17回配信 石垣島編

サンゴ礁の海に囲まれた美しい島・石垣島。この島にある石垣島徳洲会病院を率いる吉俣哲志院長が注力しているのが、在宅療養の支援。
病院では医師が交代で訪問診療を実施、さらに訪問看護・介護も積極的に行っています。一方、高度先進医療の導入にも積極的。
徳洲会グループ病院の協力も仰ぎ、循環器のカテーテル検査や内視鏡検査も実施しています。
こうした離島ならではの医療のあり方について、医師やスタッフがここで実践している姿やインタビューを通して迫ります。

2015.7 第16回配信 沖縄 南部編

地域医療、離島・へき地医療、そして高度先進医療にも力を注いできた南部徳洲会病院。
中でも「トモセラピー」は沖縄初の最先端がん治療として注目されています。
一方、地域の高齢化に合わせ、通所リハや訪問診療、訪問看護・介護の充実を図っています。
こうした病院の特徴や今後目指すところについて赤崎満院長に訊くと共に、専門医やスタッフの活躍も紹介していきます。

2015.6 第15回配信 北海道 札幌東編

高度医療と24時間の救急体制で地域に貢献する札幌東徳洲会病院。
年間約9300件の救急搬送を受け入れている救急センター、心臓カテーテル手術に実績を持つ循環器内科と年間約130例の開心術を行う心臓血管外科の連携、がん治療等への貢献が期待される臨床研究センター、外国人患者さんの受け入れに積極的に対応する国際支援室の活躍についてリポートします。

2015.5 第14回配信 北海道 函館編

昭和9年の創設以来、「地域と共に生きる」をモットーに、保育園、病院、介護施設など安全で安心できる医療・福祉サービスを展開してきた函館共愛会。
高齢化率30%を超える函館市では、介護施設から、訪問看護介護など一貫したサービスを提供する共愛会の役割はますます高まっています。
番組では共愛会病院の地域医療・福祉への取り組み、渡島半島全体や函館市の救命救急への貢献にスポットを当て、水島豊院長、福島安義総長のインタビューを交えリポートします。

2015.4 第13回配信 大阪岸和田編

南大阪地区の救急医療の中核病院として、24時間救急患者さんを受け入れている岸和田徳洲会病院。
番組では、胃や大腸の内視鏡検査から高度な技術を要する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)まで実施する内視鏡センター、東上震一院長自らが執刀し定評のある心臓血管センター、そして救急医学会指導医指定施設になった救命救急センターについて、その組織のあり方や技術、担当医師の思いなどをリポートします。

2015.3 第12回配信  宮古島編

人口5万5千人のこの観光の島で住民の医療と健康に貢献してきたのが宮古島徳洲会病院。 この病院の医師たちも皆、この美しい島の魅力に誘われ、県外から入職したそうです。
島が抱える課題である高齢者の医療・介護への対応、海難事故(ダイバーなど)への対応、および島の将来を担う医療従事者の育成など、この病院が実践してきたことをリポートしていきます。
さらに、この病院のもう一つの大切な役割、隣接する伊良部島唯一の医療機関:伊良部島診療所の運営の努力ついて、ローテーションで勤務する医師や研修医たちの姿を通して描いていきます。

2015.2 第11回配信 沖縄中部編

沖縄本島中部地区の沖縄市に位置する中部徳洲会病院は、1988年の開設以来、救急医療、高度先進医療、離島・へき地医療に力を注いできました。
中でも先端医療分野では、泌尿器科のダヴィンチ(ロボット支援手術)による前立腺がん治療や、循環器内科の年間300例を超す不整脈根治治療(カテーテルアブレーション)は、地域の医療に大きく貢献しています。
この病院のこうした先端医療への取組や、大規模災害に備え県内3病院と連携する救急医療など、理想のあり方について伊波潔院長のインタビューを交えリポートします。
また2016年春、同市内に新築移転予定の病院についての情報も伝えます。

2015.1 第10回配信 大阪吹田 心臓血管外科編

2014年7月にオープンした新しい病院・大阪吹田徳洲会病院。最先端の医療機器が導入され、循環器、がん、救命救急を三本柱に「地域に溶け込む病院」を目指しています。
今回はその中から「心臓血管外科」に注目。金香充範院長をはじめとする同科の医師たちが挑んでいる低侵襲で安全性が高い心臓血管外科手術とはどのようなものか?
そして最新のハイブリッド手術室はどう活用されているのか?について実際の手術の例を通して描いていきたいと思います。
また患者さんの受け入れから、手術、退院後のリハビリまで、院内循環器内科との連携や、地域の診療所との連携、そして近隣の大阪大学医学部附属病院との連携の姿も描いていきます。

2014.12 第9回配信 湘南藤沢 脊椎センター編

2012年にオープンした湘南藤沢徳洲会病院。最先端の医療機器が導入されているこの病院で注目されているのが「脊椎センター・脊柱側弯症センター」。
椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、脊柱側弯症などの治療にあたるこのセンターの江原宗平センター長は、年間360件を超える手術を行い、日本の脊椎手術をリードしてきた。そんな江原センター長が開発した世界初の手術システムは、アームが自在に動いて患者さんを撮影、3Dで画像を表せるCT装置「アーティスzeego」と高精度なナビゲーションシステムを組み合わせた手術。これにより安全度を高め、手術時間を短縮、患者さんの体の負担を減らすことに成功したという。
番組は江原センター長の脊椎手術に密着、さらに脊椎手術の実際と今後についてインタビューを行った。

2014.11 第8回配信 北海道 帯広編

日本最大の畑作地である北海道十勝平野は、ジャガイモ、トウモロコシ、小豆、甜菜などの農作物の生産が盛ん。また牧草や飼料生産にも恵まれ、道内一の酪農・畜産地帯です。
帯広徳洲会病院はこの大地の恵み豊かな十勝地方、帯広市に隣接する音更町に位置し、この地域の方たちの健康と安全を担っています。
この病院の最大の特徴は、地域の他の病院やクリニック・診療所と積極的に連携を図っていること。また地域の人たちや高校生、医大生への講演や研修など、地域貢献にも積極的であることです。病院を率いる棟方隆院長の日常を追いながら、超高齢化社会を迎える今、この病院が地域で目指すところを取材します。

2014.10 第7回配信 北海道 札幌南編

日本人の死因で最も多い病気、「がん」。現在、3人に1人がこの病気で亡くなっています。 「がん」はその症状の他にも痛みや倦怠感、落ち込みや悲しみ、生活の心配など様々な苦痛を伴います。そのため患者さんの治療だけでなく、家族も含めた総合的な体と心のケアが重要です。 札幌南青洲病院では早くからこのことに注目、緩和ケア病棟を設け、患者さんと家族のケアにあたって来ました。 今回はこの病院の緩和ケアのあり方に注目、四十坊克也院長に密着、お話を伺います。また緩和ケアに携わるそれぞれのスタッフの思いや、実際この病院で緩和ケアを受けられた患者さんご家族を取材します。

2014.9 第6回配信 湘南鎌倉 救命救急編

救命救急の患者さん受入れ数日本一を誇る神奈川県の湘南鎌倉総合病院。
365日24時間「患者さんを断らない」医療がまさに実践されているこの病院は、その実現のためにどんな体制がとられ、どのような努力がなされているのでしょうか?
患者さん受入れから経過観察、専門科への搬送の仕組みは・・・?
今回はこの湘南鎌倉総合病院の救命救急センターについて医師・看護師に密着、その実際の姿をリポートします。また併せて2013年、この病院に新たに開設された外傷センターの役割とその成果についても取材します。

2014.8 第5回配信 北海道 静内編

北海道日高地方。競走馬と日高昆布の生産が有名なこの地の中核病院が静仁会静内病院。馬外傷が年間80件というのどかな土地柄の病院だが一方で全国から注目を浴びる存在でもある。
その理由は井齋偉矢院長が実践する「サイエンス漢方処方」。
これによって治療成果を上げた井齋院長は、自らの経験をもとに全国で年間100回もの講演会を開催、多くの医師の賛同を得ている。
今回はこの北の病院で活躍する井齋院長と「サイエンス漢方処方」の実際についてリポートします。

2014.7 第4回配信 奄美大島 名瀬編

奄美群島の医療の中心的役割を担う名瀬徳洲会病院。
各島の病院のバックアップ、島民の予防医療の推進、後進の医師の育成、島ならではの周産期医療のあり方など・・・
松浦院長が目指す離島医療の理想についてリポートします。

2014.6 第3回配信 与論島編

鹿児島県最南端の島、与論島。この美しい観光の島にかつて病院はなく、大病や大けがの際は沖縄本島まで移送しなければなりませんでした。
この島に1996年誕生したのが与論徳洲会病院です。島ならではの医療事情と院長、医師、スタッフ一丸となった病院の取り組みをリポートします。

2014.5 第2回配信 ブルガリア(後編)ソフィア徳田病院

2006年ブルガリアの首都ソフィアに開設されたソフィア徳田病院は、この国の健康保険制度を変え、医療水準を高めることに大いに貢献しています。
この病院の現在とこれから目指すことについて、ドレンスキー院長や各科専門医にインタビューしていきます。

2014.4 第1回配信 ブルガリア(前編)ソフィア徳田病院

ブルガリアってどんな国?ヨーグルトの国の伝統料理は意外にも体に悪い?
この国初の近代的私立病院・ソフィア徳田病院ができるまでを追います。

一般社団法人徳洲会

102-0083 東京都千代田区麹町3-1-1 麹町311ビル8階
TEL:03-3262-3133 FAX:03-5213-3602

Copyright (C) 2011Tokushukai  All Rights Reserved.