徳洲会グループからのお知らせ

故人の思い出など語り合う 札幌南病院がひだまりの会

【札幌南徳洲会病院】

2021/01/22

北海道地方


札幌南徳洲会病院は院内で「ひだまりの会」を開催した。同会は同院の緩和ケア病棟で亡くなった患者さんの遺族と病院スタッフが、思い出や近況を語らいながら故人をしのぶのが目的。2006年に発足し、今年で15年目を迎える。例年は2日にわたり開催していたが、今回はコロナ禍により、1回の参加人数を減らすため、9月下旬から10月にかけて3回に分けて実施、1回につき5~7家族が参加した。

須藤純子・看護師長(緩和ケア認定看護師)は「ご家族のグリーフケア(悲しみのなかにある人のサポート)も緩和ケア病棟の役割です。ふだんは故人の思い出を話す機会が少ないと思いますので、この会で思い出を話し、皆で共有することで、ご家族のつらい思いに寄り添い、少しでも前を向いて歩けるようにサポートができればと思います」と説明する。

会の冒頭、須藤師長が挨拶し、参加者全員で黙禱(もくとう)。続いて、故人の入院中の写真を用いたスライドショーを行った後、加藤久昌・緩和ケア内科医長の司会により、参加者全員が故人の思い出などを語り合った。最後に武藤修一・緩和ケア内科医師が「ご家族がいるだけで、患者さんの安心につながります。医師だけでなく、ご家族も合わせて緩和ケアチームなのだと思います」と感謝を告げ、閉会した。

 

→徳洲新聞1267号掲載

 

札幌南徳洲会病院 看護部サイトはこちらから
http://sapporominami.com/nurse/

一覧へ戻る

page top
徳洲会について
- グループ理念・理事長メッセージ
- 徳洲会ってどんなところ?
- 徳洲会グループの原点
- 徳洲会グループの成り立ち
- 海外ネットワーク
看護部のご紹介
- 看護部 概要
- 看護部 特徴
- 徳洲会グループの取り組み
- 教育プログラム
- スタッフメッセージ
看護師を目指す方へ
- 募集要項
- 奨学金制度
- 福利厚生
- 先輩ナースのメッセージ
- 助産師募集
- 看護部情報誌「徳看マガジン」
- 高校生から進む 看護職への道
施設一覧
- 病院一覧
- 訪問看護ステーション一覧

一般社団法人 徳洲会 〒102-0074 東京都千代田区九段南1-3-1 東京堂千代田ビルディング14F
TEL:(03)3262-3133
Copyright(C)Tokushukai All Rights Reserved.