徳洲会グループからのお知らせ

宇治病院 地域全体で感染対策 診療所へ出張指導を開始

【宇治徳洲会病院】

2020/10/29

近畿地方


宇治徳洲会病院(京都府)は地域の診療所に向け感染対策の出張指導を開始した。地域医療支援病院としての取り組みの一環で、新型コロナウイルス禍のなか、冬場のインフルエンザ流行に向け、地域全体で受け入れ体制を整えるのが目的だ。

出張指導を担当する江口比呂美・看護師長(感染制御実践看護師)は「コロナとインフルエンザが同時に流行する恐れのある今冬を乗りきるには、地域全体で温度差があってはいけません。コロナについて、わかってきたことも多いので、怖がらず正しい知識で対応することが大切だと伝えたいです」と強調。

連携している診療所や介護施設を集めてWEBセミナーを開催する案もあったが、施設によって設備や人員配置などが違うため、現場に即した感染対策を一緒に考える必要があると考え、出張指導の形をとった。

江口師長は10月5日、地元のべっぷ内科クリニックで出張指導を初めて実施した。まず講義ではコロナの最新情報や国の動き、日常生活での標準予防策などを説明。続いて個人防護具(PPE)の着脱法を実践形式で手ほどきした。指導にあたり江口師長は「まず受講者の悩みを聞き取り、そこに私自身の経験を重ねて説明すると、イメージが湧きやすいと思います」など工夫を凝らす。

診療所側からは「どんな感染対策が必要かイメージできた」、「検査体制をどう整えればいいかわかった」など好評。江口師長も「施設の規模によって感染対策の方法も変わってきます。診療所での不安や悩みに触れ、勉強になりました」と話す。

今後は診療所や介護施設から出張指導の依頼が増えた場合に備え、他のスタッフに同行してもらい、指導方法を学んでもらう計画。WEBセミナーでの対応も考え、内容を検討中だ。

→徳洲新聞1259号掲載

 

宇治徳洲会病院 看護部サイトはこちらから
http://www.ujitoku.or.jp/nurse/

一覧へ戻る

page top
徳洲会について
- グループ理念・理事長メッセージ
- 徳洲会ってどんなところ?
- 徳洲会グループの原点
- 徳洲会グループの成り立ち
- 海外ネットワーク
看護部のご紹介
- 看護部 概要
- 看護部 特徴
- 徳洲会グループの取り組み
- 教育プログラム
- スタッフメッセージ
看護師を目指す方へ
- 募集要項
- 奨学金制度
- 福利厚生
- 先輩ナースのメッセージ
- 助産師募集
- 看護部情報誌「徳看マガジン」
- 高校生から進む 看護職への道
施設一覧
- 病院一覧
- 訪問看護ステーション一覧

一般社団法人 徳洲会 〒102-0074 東京都千代田区九段南1-3-1 東京堂千代田ビルディング14F
TEL:(03)3262-3133
Copyright(C)Tokushukai All Rights Reserved.