徳洲会グループからのお知らせ

屋久島病院 教職員対象にBLS講習会

【屋久島徳洲会病院】

2020/08/11

離島・沖縄地方


感染対策を徹底して開催

屋久島徳洲会病院(鹿児島県)は感染対策を講じたうえで、地域からの依頼により学校教職員やPTA関係者などを対象としたBLS(一次救命処置)講習会を行っている。BLSは周囲に助けを求めながら胸骨圧迫(心臓マッサージ)や人工呼吸、AED(自動体外式除細動器)を用いて蘇生を図る一連のスキルをいう。

6月1日には屋久島町立小瀬田小学校の体育館で、小瀬田小学校の教職員11人を対象に実施。講義と練習用のマネキンを用いた演習を行った。同院の望月礼子救急医(非常勤)が講師を務め、演習時には同院の看護師や地域の消防署職員、応急手当普及員の方などが指導に加わった。

同院の泊春代・看護部長は「感染予防のため全員がマスクを着用し、適宜、アルコール消毒を行いながら進めました。参加者同士の間隔を2m以上確保し、演習時の1グループ当たりの人数は通常より少ない1~2人に抑えました」と説明。

新型コロナウイルス感染症をふまえた救急蘇生法の指針に基づき、BLSを行う際はマスクなど感染防護具を付け、傷病者の口と鼻をマスクで覆い、飛沫(ひまつ)感染を防止したうえで実施するよう呼びかけた。感染リスクが高い人工呼吸は今回の演習では行わず、胸骨圧迫やAEDによるハンズオンリーの蘇生法に取り組んだ。

→徳洲新聞1246号掲載

 

屋久島徳洲会病院 看護部サイトはこちらから
http://yakutoku.com/

一覧へ戻る

page top
徳洲会について
- グループ理念・理事長メッセージ
- 徳洲会ってどんなところ?
- 徳洲会グループの原点
- 徳洲会グループの成り立ち
- 海外ネットワーク
看護部のご紹介
- 看護部 概要
- 看護部 特徴
- 徳洲会グループの取り組み
- 教育プログラム
- スタッフメッセージ
看護師を目指す方へ
- 募集要項
- 奨学金制度
- 福利厚生
- 先輩ナースのメッセージ
- 助産師募集
- 看護部情報誌「徳看マガジン」
- 高校生から進む 看護職への道
施設一覧
- 病院一覧
- 訪問看護ステーション一覧

一般社団法人 徳洲会 〒102-0074 東京都千代田区九段南1-3-1 東京堂千代田ビルディング14F
TEL:(03)3262-3133
Copyright(C)Tokushukai All Rights Reserved.