徳洲会グループからのお知らせ

医療と介護連携推進フォーラム 地域の方と専門職で対話

【和泉市立総合医療センター】

2019/04/03

近畿地方


和泉市立総合医療センター(大阪府)は、2月17日に地元の和泉市が行った「平成30年度医療と介護の連携推進フォーラム」に参画した。市が進める医療と介護の連携事業の一環で、従前から同院もかかわってきたが、今回、初めて企画・運営の中心役を担った。

この日は「知っ得! 入退院について」がメインテーマ。地元の方々や地域の医療・介護専門職ら100人超が参加した。辻宏康・和泉市長、泉谷良・和泉市医療と介護の連携推進審議会会長(和泉市医師会会長)による挨拶の後、メインプログラムの懇話会を実施。

入退院時の連携に関するプレゼンテーションを行った後、一般の方6~7人と専門職2~3人が1グループとなり、入退院について議論した。各グループは発表も行い「ケアマネジャーを変更するには」、「訪問診療や訪問歯科診療、薬の配達について知りたい」、「独居の方の個人情報の管理はどうするのが良いか」、「病院から2週間ほどで退院と言われても納得できない。法的な根拠はあるのか」など、多様な内容を報告した。会場全体で意見交換も行った。

フォーラムは熱気を帯びたまま終了。東條周子・和泉市医師会理事の挨拶で閉会した。市は2007年度から医療と介護の連携推進事業に取り組み、13年には全国初の住民を主体とした医療と介護の連携推進条例を制定した。

→徳洲新聞1177号掲載

 

和泉市立総合医療センター 看護部サイトはこちらから
https://www.izumicity-nurse.com/

一覧へ戻る

page top
徳洲会について
- グループ理念・理事長メッセージ
- 徳洲会ってどんなところ?
- 徳洲会グループの原点
- 徳洲会グループの成り立ち
- 海外ネットワーク
看護部のご紹介
- 看護部 概要
- 看護部 特徴
- 徳洲会グループの取り組み
- 教育プログラム
- スタッフメッセージ
看護師を目指す方へ
- 募集要項
- 奨学金制度
- 福利厚生
- 先輩ナースのメッセージ
- 助産師募集
- 看護部情報誌「徳看マガジン」
- 高校生から進む 看護職への道
施設一覧
- 北海道地方
- 東北地方
- 関東地方
- 中部地方
- 近畿地方
- 中国・四国地方
- 九州地方
- 離島・沖縄地方

一般社団法人 徳洲会 〒102-0074 東京都千代田区九段南1-3-1 東京堂千代田ビルディング14F
TEL:(03)3262-3133
Copyright(C)Tokushukai All Rights Reserved.