徳洲会グループからのお知らせ

近江草津病院 生活リハビリを強化 地域包括ケア病棟でプログラム②

【近江草津徳洲会病院】

2020/11/17

近畿地方


近江草津徳洲会病院(滋賀県)は地域包括ケア病棟(49床)での生活リハビリテーションを強化している。理学療法士(PT)など専門職によるリハビリに加え、同院は病棟内で実施できる生活リハビリのプログラムを作成し、看護スタッフが実践。PTが考案したオリジナルの〝いきいき体操〟を取り入れるなど、多職種が一丸となって患者さんのADL(日常生活動作)改善を図り、在宅復帰の促進に努めている。

多職種一丸で在宅復帰促進

患者さんが自主的に歩行訓練することもあるため、病棟の廊下やスタッフステーションの周囲には、歩行距離が目視でわかるよう10mごとに目印を付けた。達成感を実感しやすく、リハビリに対する意欲の向上につながっている。

また、アウトカムを評価するため、入棟時と退院時にバーセルインデックス(BI)による評価を実施。BIはADLの評価指標のひとつ。日常生活を送るうえで必要な基本的能力を把握するため、食事、移乗、整容、トイレ動作、入浴、歩行、階段昇降、着替え、排便コントロール、排尿コントロールの10項目(すべて自立の場合は100点)の動作に関し、それぞれ自立度や要介助度を判定基準として点数化し評価を行う。退院先や家族とその情報を共有し連携を強化、療養生活の継続に役立ててもらっている。

同院は急性期を脱し地域包括ケア病棟に入棟した65歳以上の患者さんを対象に、2019年8月に病棟リハビリプログラムを開始。開始後約2カ月間のデータを集計したところ、半数強の患者さんが、BIの合計点が5点以上改善。約4割は15点以上改善した。トイレ動作や入浴動作、歩行、車いすとベッド間の移動、食事などで改善の度合いが大きかった。

大河・看護部長は「数値で表れるBIの改善以外にも、体操や歩行練習に積極的に参加する患者さんが増えたり、患者さんの離床時間が増えたりしました。また、病棟リハビリプログラムの運用により、離床を促すスタッフの意識が高まるなど効果もでています」と手応えを示す。

患者さんのADL改善や在宅復帰をサポートするため、今後も多職種が一丸となって尽力していく考えだ。

→徳洲新聞1259号掲載

 

近江草津徳洲会病院 看護部サイトはこちらから
https://www.oumi-kusatsu-hp.jp/section/nurse/index.php

一覧へ戻る

page top
徳洲会について
- グループ理念・理事長メッセージ
- 徳洲会ってどんなところ?
- 徳洲会グループの原点
- 徳洲会グループの成り立ち
- 海外ネットワーク
看護部のご紹介
- 看護部 概要
- 看護部 特徴
- 徳洲会グループの取り組み
- 教育プログラム
- スタッフメッセージ
看護師を目指す方へ
- 募集要項
- 奨学金制度
- 福利厚生
- 先輩ナースのメッセージ
- 助産師募集
- 看護部情報誌「徳看マガジン」
- 高校生から進む 看護職への道
施設一覧
- 病院一覧
- 訪問看護ステーション一覧

一般社団法人 徳洲会 〒102-0074 東京都千代田区九段南1-3-1 東京堂千代田ビルディング14F
TEL:(03)3262-3133
Copyright(C)Tokushukai All Rights Reserved.