徳洲会グループからのお知らせ

高砂西部病院 回復期リハビリテーション病棟

【高砂西部病院】

2020/06/29

近畿地方


市内で初めて開設

高砂西部病院(兵庫県)は同院が立地する高砂市で唯一の回復期リハビリテーション病棟を開設した。同病棟は、脳卒中など脳血管疾患や大腿骨頸部(だいたいこつけいぶ)骨折など整形外科疾患の急性期治療を終えた患者さんに、リハビリを集中的に提供する病棟をいう。ADL(日常生活動作)の向上を図り在宅復帰を促進するのが目的だ。同院は在宅復帰のサポートを通じて、これまで以上に地域医療の充実に貢献していく考え。

回復期リハビリ病棟では医師、看護師、リハビリ専門職、MSW(医療ソーシャルワーカー)、介護福祉士、管理栄養士、事務職など多職種がチーム医療を実践し、患者さんの在宅復帰、社会復帰を目指す。

高砂市は兵庫県南部に位置する人口約9万人(2020年5月1日時点)の市だが、これまで回復期リハビリテーション病棟はなかった。沼口幸司・看護部長は開設の経緯を次のように話す。「これまで回復期リハビリ病棟に入院するには、患者さんは高砂市の東にある加古川市や西にある姫路市の医療機関を利用しなければなりませんでした。ニーズはあっても供給がなかったのが実態です。そのような状況を改善し、ニーズに応え、より地域に根差した医療を提供していくために、当院は2月に回復期リハビリ病棟を開設しました」

回復期リハビリ病棟の開設に際して、全国の徳洲会病院から11人の看護師が、高砂西部病院に駆け付け応援業務を行った。沼口・看護部長は、徳洲会看護部や応援を出した病院の幹部、応援看護師に謝意を表している。

高砂西部病院の許可病床は219床だが、これまで20床が休床となっていた。その20床を稼働し、同時に病棟再編を行って、5階西病棟に32床で回復期リハビリ病棟を開設した。4人床室が6室、2人床室が3室、個室が2室という構成だ。

「脳梗塞など急性期の重症疾患の治療は、より高度な急性期病院で受けたとしても、リハビリが必要となり自宅への退院は難しい。遠方での入院が長期化すれば、ご家族の負担も大きくなります。地域の患者さんに対して、リハビリとその間の入院機能は当院がしっかりと提供し、在宅復帰をサポートしていきたいです」(沼口・看護部長)

同院は365日体制でリハビリを実施。回復期リハビリ病棟の入院患者さんは、ADLを高め、自宅に戻ってからの生活を維持するために必要なリハビリを行う。“老々介護”の世帯が増加していることから、安心して自宅に帰れるよう、退院前にリハビリスタッフが自宅の状況を確認し、手すりの設置などバリアフリー化の改修も提案する。

毎週火曜日に入棟判定会議を実施。各病棟に入院する患者さんのなかから、急性期の治療を終え、リハビリを実施することで在宅復帰の見とおしが立つ患者さんをリストアップし、看護師やリハビリスタッフで検討を行っている。さらに、入棟時には、看護師長とMSWが、患者さんやその家族と対面する入棟前面談を行い、目標設定や課題などの共有を図る。

リハビリテーション科の水野龍馬副主任(理学療法士=PT)は「入棟後にも多職種によるカンファレンスを行っています。患者さん本人に現状を理解してもらったり、繰り返し目標を共有することでモチベーションを高めてもらったりしています。またADLの改善の程度に応じ、どのような在宅サービスを利用すれば在宅復帰が可能かなど、患者さん一人ひとりの状態に合わせて取り組んでいます」と説明する。

なお同院のリハビリ室は1階にあるが、5階の回復期リハビリ病棟と同じフロア内にも、入浴シミュレーションの専用設備を備えたADL室を設置した。吉田さやか作業療法士(OT)は「できるだけ患者さんのご自宅に近い環境で、生活に即したリハビリに取り組んでいただくことは、在宅復帰に向けた大切な動作訓練です。そのような訓練を通じて、どこにどのような手すりが必要かなども見えてくることがあります」と指摘する。

ADL室では入浴シミュレーション以外にも食事、更衣、整容、トイレ、家事など日常生活動作を訓練できる。レクリエーションなど作業活動を通じて、楽しみながら手指巧緻性(手先を思いどおりに動かす能力)や集中力の向上などにも取り組んでいる。

 

→徳洲新聞1237号掲載

 

高砂西部病院 看護部サイトはこちらから
https://www.takasago-nurse.com/

一覧へ戻る

page top
徳洲会について
- グループ理念・理事長メッセージ
- 徳洲会ってどんなところ?
- 徳洲会グループの原点
- 徳洲会グループの成り立ち
- 海外ネットワーク
看護部のご紹介
- 看護部 概要
- 看護部 特徴
- 徳洲会グループの取り組み
- 教育プログラム
- スタッフメッセージ
看護師を目指す方へ
- 募集要項
- 奨学金制度
- 福利厚生
- 先輩ナースのメッセージ
- 助産師募集
- 看護部情報誌「徳看マガジン」
- 高校生から進む 看護職への道
施設一覧
- 病院一覧
- 訪問看護ステーション一覧

一般社団法人 徳洲会 〒102-0074 東京都千代田区九段南1-3-1 東京堂千代田ビルディング14F
TEL:(03)3262-3133
Copyright(C)Tokushukai All Rights Reserved.