徳洲会グループからのお知らせ

南部病院 膀胱ろう交換外来 特定看護師が開設

【南部徳洲会病院】

2020/06/26

離島・沖縄地方


「今後も広がる活躍の場 患者さんに大きな恩恵」

南部徳洲会病院(沖縄県)は看護師の特定行為研修にグループで最初に取り組んだ。2018年8月に指定研修機関に認定され、10月に同院の看護師5人が1期生として研修を開始、翌年9月に修了した。このうち「ろう孔管理関連」で研修した加島卓看護師、山岡裕矢看護師は、膀胱(ぼうこう)ろうを造設し定期的にカテーテル交換に外来通院している患者さんを対象に、「膀胱ろう交換外来」を開設した。

特定行為研修を修了した看護師の活躍について、同院の向山秀樹・泌尿器科部長は「患者さんが大きな恩恵を受けていると思います。これまで膀胱ろうの交換は医師が一般外来で対応していましたが、専門外来の開設により、待ち時間が大幅に短縮されました」と強調。さらに看護師のモチベーションアップにも言及し、「これまでは医師の指示のとおりに動いていましたが、今では、ある程度は自分でアセスメント(評価)できるようになったので、責任感をもって対応してもらっています」(向山部長)。

こうした行動は同僚の看護師にも良い影響を与えており、向山部長から見ても「やりがいをもち、前向きな姿勢に変わっている」と感じている。今後も同院では看護師の特定行為研修を継続して実施。向山部長は「これまで処置に取られていた時間を、別の患者さんのために使うことができるようになりました。地域の病院との集まりの際に、看護師の特定行為の話をしたら、とてもうらやましく思われました。今後も、特定行為研修を修了した看護師の活躍の場は増えるでしょう」と期待を寄せる。

 

→徳洲新聞1236号掲載

 

南部徳洲会病院 看護部サイトはこちらから
https://kango.nantoku.org/

一覧へ戻る

page top
徳洲会について
- グループ理念・理事長メッセージ
- 徳洲会ってどんなところ?
- 徳洲会グループの原点
- 徳洲会グループの成り立ち
- 海外ネットワーク
看護部のご紹介
- 看護部 概要
- 看護部 特徴
- 徳洲会グループの取り組み
- 教育プログラム
- スタッフメッセージ
看護師を目指す方へ
- 募集要項
- 奨学金制度
- 福利厚生
- 先輩ナースのメッセージ
- 助産師募集
- 看護部情報誌「徳看マガジン」
- 高校生から進む 看護職への道
施設一覧
- 病院一覧
- 訪問看護ステーション一覧

一般社団法人 徳洲会 〒102-0074 東京都千代田区九段南1-3-1 東京堂千代田ビルディング14F
TEL:(03)3262-3133
Copyright(C)Tokushukai All Rights Reserved.