徳洲会グループからのお知らせ

徳洲会「結の島ナース」 ホームページ改善採用へ訴求力向上

【離島・沖縄地方】

2020/06/23

離島・沖縄地方


ジャパンハート吉岡・最高顧問 名瀬&徳之島病院訪問

徳洲会グループ離島ブロックの6病院が2018年に立ち上げた看護師を対象とする採用プロジェクト「結(ゆい)の島ナース」。名瀬徳洲会病院、笠利病院、瀬戸内徳洲会病院、喜界徳洲会病院、徳之島徳洲会病院、沖永良部徳洲会病院(すべて鹿児島県)で働くことを希望する看護師の採用窓口を一本化するのが狙いだ。

“離島医療を守る”という思いが一致し、結の島ナースの立ち上げ当初から、国際医療支援に取り組むNPO(特定非営利活動法人)ジャパンハートと協力関係を構築。ジャパンハートは「離島・へき地医療を学びたい、貢献したい」という思いをもつ看護師と病院との間を仲立ちするRIKAjob(リカジョブ)というサイトを運営し、これまでに青森県や宮城県、島根県、長崎県にある病院に加え、徳洲会の離島病院にも看護師を紹介してきた。RIKAjobは、NGOとして離島・へき地医療の人材支援を目的に、病院や看護師から派遣料・登録料など一切とらずに運営。結の島ナースの訴求力を高めるため、事務局(名瀬病院)が中心となり順次、ホームページ(HP)を改善。3月中旬にはジャパンハートの吉岡秀人・最高顧問が、グローバル人材育成事業担当の西海茜看護師とともに名瀬病院と徳之島病院を訪れ、打ち合わせに参加し改善策などアドバイス。瀬戸内病院や笠利病院の担当スタッフも名瀬病院での会合に参加した。

会合ではまず、事務局を担う名瀬病院の肥後友崇・総務課副主任が採用実績やHPへのアクセス状況などを報告。3月17日時点で、これまでに結の島ナースから9人、RIKAjobから25人が実際に離島病院に入職した(入職予定者含む)。

吉岡・最高顧問は「社会貢献したいという意欲をもった方々が増えており、『半年や1年間、離島で働いてみたい』という都市部の看護師は少なくありません。離島病院群の魅力をアピールしながら認知度を高め、地道に取り組んでいけば、熱意がありモチベーションの高い看護師の応募が増えていくと思います」と期待している。

 

一覧へ戻る

page top
徳洲会について
- グループ理念・理事長メッセージ
- 徳洲会ってどんなところ?
- 徳洲会グループの原点
- 徳洲会グループの成り立ち
- 海外ネットワーク
看護部のご紹介
- 看護部 概要
- 看護部 特徴
- 徳洲会グループの取り組み
- 教育プログラム
- スタッフメッセージ
看護師を目指す方へ
- 募集要項
- 奨学金制度
- 福利厚生
- 先輩ナースのメッセージ
- 助産師募集
- 看護部情報誌「徳看マガジン」
- 高校生から進む 看護職への道
施設一覧
- 病院一覧
- 訪問看護ステーション一覧

一般社団法人 徳洲会 〒102-0074 東京都千代田区九段南1-3-1 東京堂千代田ビルディング14F
TEL:(03)3262-3133
Copyright(C)Tokushukai All Rights Reserved.