徳洲会グループからのお知らせ

老健宇治徳洲苑 危機管理の感性育む

【介護系施設】

2020/05/15

近畿地方


新人教育で「KYT」導入

介護老人保健施設(老健)宇治徳洲苑(京都府)は、新人教育の一環で2019年からKYTを導入、リスクマネジメントに対するスタッフの感性を育んでいる。KYTは危険予知トレーニングの略。イラストをもとに、環境や業務上で隠れたリスクを予想・指摘し合うことで、事故を未然に防ぐ力を養う。同苑は18年冬に介護福祉士2人を中途で採用。病棟看護助手とデイサービス経験者だったため、入所介護特有の気付きを高めようとKYTを取り入れた。

KYTは2週間に1回、4カ月にわたり実施。利用者さんが居室で過ごしている場面など、毎回、4~5枚のイラストシートを渡して考え得るリスクを自宅で考えてもらい、2週間ごとに開くチームカンファレンス終了後、教育委員会のメンバーと協議する。あわせて「気付きノート」を作成。業務中の“ヒヤリハット”や疑問に感じたことなどを書きとめ、先輩スタッフが返事を書くかたちでアドバイスを送る。

これらの取り組みを通じ、平尾元次・介護福祉士は「リビングや食堂で、車いすのブレーキレバーがテーブルの下に隠れて見えないなど、さまざまなリスクに気付きました」と満足げ。宮原啓子・看護師長(現・生駒市立病院看護師長)も「カンファレンスでの発言なども変わり、ふたりの成長する姿がわかりました」と手応えを強調する。

 

→徳洲新聞1232号掲載

一覧へ戻る

page top
徳洲会について
- グループ理念・理事長メッセージ
- 徳洲会ってどんなところ?
- 徳洲会グループの原点
- 徳洲会グループの成り立ち
- 海外ネットワーク
看護部のご紹介
- 看護部 概要
- 看護部 特徴
- 徳洲会グループの取り組み
- 教育プログラム
- スタッフメッセージ
看護師を目指す方へ
- 募集要項
- 奨学金制度
- 福利厚生
- 先輩ナースのメッセージ
- 助産師募集
- 看護部情報誌「徳看マガジン」
- 高校生から進む 看護職への道
施設一覧
- 病院一覧
- 訪問看護ステーション一覧

一般社団法人 徳洲会 〒102-0074 東京都千代田区九段南1-3-1 東京堂千代田ビルディング14F
TEL:(03)3262-3133
Copyright(C)Tokushukai All Rights Reserved.