徳洲会グループからのお知らせ

仙台徳洲看護専門学校 8回生47人が巣立つ

【徳洲会グループ】

2020/03/18

徳洲会グループ


2019年度の卒業式

仙台徳洲看護専門学校は3月5日、2019年度卒業式を開催、8回生47人が巣立った。徳洲会グループ病院には仙台徳洲会病院に18人、山形徳洲会病院に3人、湘南鎌倉総合病院(神奈川県)、茅ヶ崎徳洲会病院(同)、羽生総合病院(埼玉県)に各1人の計24人が入職。

卒業式は新型コロナウイルスの感染防止対策のため規模を縮小して開催、来賓は一般社団法人徳洲会の鈴木隆夫理事長のみで、家族や在校生の出席はなかった。

鈴木美智子校長は卒業証書の授与後、「人の言葉に耳を傾け、その言葉の意味を知り、自分で考え、相手を尊重しながらも自分の意見を述べ、協力し合って、自分の言動に責任をもって看護を提供する――当校で学んだ卒業生には、そのような看護師になるよう希望します」とエールを送った。

続く来賓祝辞では、鈴木理事長が徳洲会グループの近況を述べた後、「学校で学んだ知識や技術は、恐らく5年ともちません。新しい感染症が発生したり、医療技術が進歩したり、つねに変化していきます。この卒業式が出発点です。勉強し続けることで、学校で学んだことも生きてくるでしょう。徳洲会はこれからも国内だけでなく、海外でも活動します。何事からも逃げることはしません。卒業後の進路はさまざまですが、ぜひ徳洲会チームに加わっていただきたいと思います」と期待を寄せた。

祝電披露、記念品贈呈の後、在校生を代表し2年生の目黒尚子さんが送辞を述べ、答辞では卒業生を代表し丹野里帆さんが「これから私たちは新たな一歩を踏み出しますが、看護の道は始まったばかりです。それぞれが壁にぶつかり、悩むこともあると思いますが、この3年間で、お世話になったすべての方々の思いを糧にし、乗り越えていきたいと思います。そして、今度は私たちが温かさを分け与えられる人間になれるよう精進していきます」と誓った。


卒業生の声

蓬田凌さんは「卒業式ができたことは、本当に嬉しく思います。これから看護の道に進みますが、明るさや笑顔を大切にして頑張ります」と目標を語った。早坂麦穂さんは「看護師を目指していた学生の時の気持ちを忘れずに、さまざまな患者さんを助けられる看護師になりたいです」と意欲的。笈原美波さんは「臨地実習が大変でしたが、学んだことは看護の現場で生かせると思うので、良い経験にも思い出にもなりました」と振り返った。

 

一覧へ戻る

page top
徳洲会について
- グループ理念・理事長メッセージ
- 徳洲会ってどんなところ?
- 徳洲会グループの原点
- 徳洲会グループの成り立ち
- 海外ネットワーク
看護部のご紹介
- 看護部 概要
- 看護部 特徴
- 徳洲会グループの取り組み
- 教育プログラム
- スタッフメッセージ
看護師を目指す方へ
- 募集要項
- 奨学金制度
- 福利厚生
- 先輩ナースのメッセージ
- 助産師募集
- 看護部情報誌「徳看マガジン」
- 高校生から進む 看護職への道
施設一覧
- 病院一覧
- 訪問看護ステーション一覧

一般社団法人 徳洲会 〒102-0074 東京都千代田区九段南1-3-1 東京堂千代田ビルディング14F
TEL:(03)3262-3133
Copyright(C)Tokushukai All Rights Reserved.