徳洲会グループからのお知らせ

韓国・京福大学校 徳洲会病院・施設で実習

【徳洲会グループ】

2019/08/16

徳洲会グループ


韓国・京福(キョンボク)大学校医療保健学部看護学科「徳洲会クラス」の4年生の看護学生5人(3期生)が7月8日に来日。2週間の滞在中、徳洲会病院・施設で国際看護学実習を行った。同クラスを卒業し韓国の看護師免許を取得後、徳洲会病院でのインターンを経て、日本の看護師国家試験に合格すれば、看護師として徳洲会に入職できる。

3期生の看護学生5人が来日

徳洲会クラスは徳洲会の理念に基づくケアを実践し、世界に通用する看護師の育成を目的に、2014年に同大学校に開設。4年時には「国際看護学実習」として来日し、徳洲会病院・施設で実習を受ける。

3期生の実習生は5人。湘南鎌倉総合病院でオリエンテーションを実施後、同院を中心に特別養護老人ホームかまくら愛の郷、介護老人保健施設リハビリケア湘南かまくら、愛心訪問看護ステーション(いずれも神奈川県)で臨地実習を行った。看護学生らは通訳を付けず、すべて日本語で実習した。

実習最終日の19日には、2グループに分かれ実習の成果について発表。看護学生らは模造紙に要点をまとめ、慣れない日本語で一生懸命に説明した。

発表の後、湘南鎌倉病院の八木沼正子・看護部長が総評。「実習の指導しながら私たちも学ばせていただきました。皆さんの発表中に、何度も“心”という言葉が出てきたのが嬉しかったです。発表で日本と韓国との違いを語れたのは、しっかり勉強している証しだと思います。今後、一緒に働けることを願っています」と期待を寄せた。

同日、実習修了記念の懇親会を開催。駆け付けた一般社団法人徳洲会看護部門の佐々木和子部長は「日本で学んだことを韓国にもち帰り、どうすればもっと良くなるか考えてください。徳洲会の看護は“心”を大切にしています。“患者さんのため”という気持ちを忘れず、これからも世界を見ながら頑張ってください」と激励した。日韓関係が厳しい状況にあるなか、徳洲会クラスの看護学生の活躍に今後も期待したい。

→徳洲新聞1196号掲載

一覧へ戻る

page top
徳洲会について
- グループ理念・理事長メッセージ
- 徳洲会ってどんなところ?
- 徳洲会グループの原点
- 徳洲会グループの成り立ち
- 海外ネットワーク
看護部のご紹介
- 看護部 概要
- 看護部 特徴
- 徳洲会グループの取り組み
- 教育プログラム
- スタッフメッセージ
看護師を目指す方へ
- 募集要項
- 奨学金制度
- 福利厚生
- 先輩ナースのメッセージ
- 助産師募集
- 看護部情報誌「徳看マガジン」
- 高校生から進む 看護職への道
施設一覧
- 北海道地方
- 東北地方
- 関東地方
- 中部地方
- 近畿地方
- 中国・四国地方
- 九州地方
- 離島・沖縄地方

一般社団法人 徳洲会 〒102-0074 東京都千代田区九段南1-3-1 東京堂千代田ビルディング14F
TEL:(03)3262-3133
Copyright(C)Tokushukai All Rights Reserved.