徳洲会グループからのお知らせ

中国から見学者 宇治病院に看護師ら33人

【宇治徳洲会病院】

2018/12/05

近畿地方


宇治徳洲会病院(京都府)は10月12日、中国から来日した看護師ら33人の見学を受け入れた。

この中国人看護師らは、臨床的に優れた栄養士の育成促進を目的とするアジア太平洋臨床栄養学雑誌(APJCN)の中国内での出版に関与。10月11日から3日間、臨床栄養の進歩や参加者同士の情報共有を目指し、京都府内でAPJCNのワークショップが開催。これに合わせ府内の病院見学を希望、同院に白羽の矢が立った。

訪問した中国人看護師はいずれも中国内の病院に勤務している。担当する部門は外科、神経内科、肝胆外科、ICU(集中治療室)、内科、胸部外科、腎臓内科、消化器科、神経外科、救急診療科など幅広い。

宇治病院の齋藤文代・看護部長、塩崎忠一・事務部長、赤尾志・栄養管理室室長をはじめ多数のスタッフが対応。挨拶や自己紹介の後、5グループに分かれ病院見学を実施した。

栄養管理室、ICU、救命救急センター、看護部、外科病棟、内科病棟、整形外科病棟、リハビリテーションセンター、産婦人科病棟、NICU(新生児集中治療室)、小児科病棟、放射線科、検査科のなかからグループごとに4カ所を見学。その後、同院の概要紹介や情報交換会を行い、最後にヘリポートを全員で見学し終了した。

「スタッフの教育システムに関心があるようでした。患者さんのためにという思いは同じでしょうから、病院見学を通じ彼女たちの参考になれば嬉しい」と齋藤・看護部長は話す。

→徳洲新聞1162号掲載

 

宇治徳洲会病院 看護部サイトはこちらから
http://www.ujitoku.or.jp/nurse/

一覧へ戻る

page top
徳洲会について
- グループ理念・理事長メッセージ
- 徳洲会ってどんなところ?
- 徳洲会グループの原点
- 徳洲会グループの成り立ち
- 海外ネットワーク
看護部のご紹介
- 看護部 概要
- 看護部 特徴
- 徳洲会グループの取り組み
- 教育プログラム
- スタッフメッセージ
看護師を目指す方へ
- 募集要項
- 奨学金制度
- 福利厚生
- 先輩ナースのメッセージ
- 助産師募集
- 看護部情報誌「徳看マガジン」
- 高校生から進む 看護職への道
施設一覧
- 開院予定病院
- 北海道地方
- 東北地方
- 関東地方
- 中部地方
- 近畿地方
- 中国・四国地方
- 九州地方
- 離島・沖縄地方

一般社団法人 徳洲会 〒102-0074 東京都千代田区九段南1-3-1 東京堂千代田ビルディング14F
TEL:(03)3262-3133
Copyright(C)Tokushukai All Rights Reserved.