徳洲会グループからのお知らせ

手指衛生キャンペーン標語決定

【湘南藤沢徳洲会病院】

2018/12/03

関東地方


を洗おう の間も手の甲も っていこう 命を

梅津・湘南藤沢病院看護師の作品

徳洲会グループ感染管理部会は今年度の手指衛生キャンペーン(12月~2019年2月)の標語に「手を洗おう 指の間も手の甲も 衛っていこう 生命を」を選定した。作者は湘南藤沢徳洲会病院(神奈川県)の梅津有希子看護師。事前にグループの感染対策委員会メンバーを中心に公募し、同部会執行部と各ブロック長ら15人による厳正な審査の末、応募総数112作品のなかから選ばれた。

「もともとキャッチコピーや川柳を考えるのが好きなので応募しました。どう表現すれば伝わりやすいか仲間にも相談しました」と梅津看護師。「まずは私が所属する手術室から順守率を高め、やがて院内、グループ全体で盛り上げていけたら」と意気込んでいる。

徳洲会の手指衛生に対する取り組みは、従来、看護部が中心となって行ってきたが、昨年、グループ内に感染管理部会が立ち上がったのを機に強化。全職種を対象に手指衛生順守率の向上などを図っている。

なお、2~5位(5位は同率)は次のとおり。「身につけよう 手指衛生と プロ意識」(仮重喜代美・大隅鹿屋病院看護師長)、「アウトブレイク しない・させない 手指衛生」(堀内千春・白根徳洲会病院看護師長)、「いつも笑顔ときれいな手」(藤澤律子・大和青洲病院看護部長)、「手指衛生 命を守る ワンプッシュ」(齊藤由里・庄内余目病院看護主任)、「『忙しい』 その言い訳が 感染源」(仮重・大隅鹿屋病院看護師長)

→徳洲新聞1161号掲載

 

湘南藤沢徳洲会病院 看護部サイトはこちらから
http://www.shounan-nurse.jp/

一覧へ戻る

page top
徳洲会について
- グループ理念・理事長メッセージ
- 徳洲会ってどんなところ?
- 徳洲会グループの原点
- 徳洲会グループの成り立ち
- 海外ネットワーク
看護部のご紹介
- 看護部 概要
- 看護部 特徴
- 徳洲会グループの取り組み
- 教育プログラム
- スタッフメッセージ
看護師を目指す方へ
- 募集要項
- 奨学金制度
- 福利厚生
- 先輩ナースのメッセージ
- 助産師募集
- 看護部情報誌「徳看マガジン」
- 高校生から進む 看護職への道
施設一覧
- 開院予定病院
- 北海道地方
- 東北地方
- 関東地方
- 中部地方
- 近畿地方
- 中国・四国地方
- 九州地方
- 離島・沖縄地方

一般社団法人 徳洲会 〒102-0074 東京都千代田区九段南1-3-1 東京堂千代田ビルディング14F
TEL:(03)3262-3133
Copyright(C)Tokushukai All Rights Reserved.