徳洲会グループからのお知らせ

喀痰吸引研修を実施 医療的ケアの充実に貢献

【共愛会病院】

2018/11/30

北海道地方


共愛会病院(北海道)は10月15日から10日間、「喀痰(かくたん)吸引等基本研修」を実施した。同研修を通じて、より多くの介護職員にスキルを身に付けてもらい、施設内や定期巡回型を含む訪問介護などの利用者さんに対する医療的ケアの充実に貢献したい考えだ。基本研修では講義と演習を行う。

近年、介護専門職の養成が喫緊の課題となっている。実際、看護師が従来担ってきた行為が担いきれない事態が生じていたことから、やむを得ない措置として介護職員による喀痰吸引など医療的ケアの実施が、これまで容認されてきた(実質的違法性阻却)。

厚生労働省の検討会の結果を受け、社会福祉士および介護福祉士法が一部改正され、必要なケアをより安全に実施するため、介護職員による喀痰吸引などの実施が制度化。2012年4月からは一定の研修を受けた介護職員が医師の指示の下、喀痰吸引と経管栄養を行うことが認められている。

同研修は、不特定多数の者に実施するための第1号・第2号研修と、特定の者に実施するための第3号研修がある。研修を実施するには、一定の基準を満たし研修機関として登録する必要がある。同院は不特定多数の者に対する口腔(こうくう)内、鼻腔(びくう)内、気管カニューレ内部の喀痰研修と、胃ろう、腸ろう、経鼻経管栄養のすべての基本研修を行う第1号研修の実施施設として登録。

医療法人徳洲会の菊池玲子・北海道介護教育研修責任者は「受講者が真剣に取り組んでいる姿を見て、実施して良かったと思いました。道全域では実地研修の登録施設が多数ありますが、基本研修を行う事業所は少ないのが現状です。道内の徳洲会施設では共愛会病院に加え、介護老人保健施設コスモスも実施施設として登録しました。今後、喀痰吸引等基本研修を継続することにより、喀痰吸引ができる介護職員が増え、対象となる利用者さんが痰の貯留に苦しむことが、少しでも緩和されることに寄与していきたいです」と話している。

→徳洲新聞1161号掲載

 

共愛会病院 看護部サイトはこちらから
http://www.kyoaikai-hosp.com/bosyu02_ns.html

一覧へ戻る

page top
徳洲会について
- グループ理念・理事長メッセージ
- 徳洲会ってどんなところ?
- 徳洲会グループの原点
- 徳洲会グループの成り立ち
- 海外ネットワーク
看護部のご紹介
- 看護部 概要
- 看護部 特徴
- 徳洲会グループの取り組み
- 教育プログラム
- スタッフメッセージ
看護師を目指す方へ
- 募集要項
- 奨学金制度
- 福利厚生
- 先輩ナースのメッセージ
- 助産師募集
- 看護部情報誌「徳看マガジン」
- 高校生から進む 看護職への道
施設一覧
- 開院予定病院
- 北海道地方
- 東北地方
- 関東地方
- 中部地方
- 近畿地方
- 中国・四国地方
- 九州地方
- 離島・沖縄地方

一般社団法人 徳洲会 〒102-0074 東京都千代田区九段南1-3-1 東京堂千代田ビルディング14F
TEL:(03)3262-3133
Copyright(C)Tokushukai All Rights Reserved.