徳洲会グループからのお知らせ

配属領域以外の経験ができる「院内留学」

【八尾徳洲会総合病院】

2017/11/13

近畿地方


こんにちは
八尾徳洲会総合病院看護部です。
当院では、自部署を離れ配属領域以外の経験をする事を目指した「院内留学」という教育制度があります。今日はこの制度を、参加者の感想とともにご紹介させていただきます。

【院内留学って?】
入職2年目以上の看護師が対象で、新人・既卒ともに参加が可能です。
特殊領域(ICU・HCU・手術室・地域医療室・透析室・外来・ER)と病棟(※3年目以上から適用)のすべての部署の見学(留学)が可能です。
目的は、他部署の役割・特徴を知り幅広く看護を経験することで、患者に配慮した看護を提供できるようになる事です。また、スキルアップを目的に部署異動を考えた時にも、役立ちます。
2年目や3年目は、同期たちの看護実践などをみることで相手の成長を知り、改めて、“頑張ろう”という気持ちがパワーアップできますし、ベテランは客観的に自身の行動を振り返るチャンスです。

【HCU看護師が院内留学へ】

ER看護師の感想

ERの特色である初療対応やトリアージを、見学・実施
この機会を通して、ERとHCUの連携がより良くなるよう頑張って行きたいと思います!!

緊張しましたが、ICUの先輩たちもフォローしてくれたので、しっかりと伝えられたと思っています!

【チーム連携を感じる】

今回、HCUの看護師がERとICUへそれぞれ院内留学に行きました。
ERへ院内留学をした看護師は、いつもと違う環境で必死に患者役のER看護師に装具を取り付けています。また、ICUへ院内留学をした看護師は、ローテーションを経験し今年度にICUへ配属となった1学年下の2年目看護師の、テキパキとした行動に驚いた様子です。環境が人を育てるということを実感しているかもしれません。

オープンスペースという、よく似たフロア構成で患者さまと接するER、ICU、HCUですが、それぞれの環境で、患者さまの状態や病状は大きく変わります。そこで関わる看護師は、その時々の患者さまやご家族を労りできるだけ寄り添えるように努めています。
特殊領域に限らず、新人看護師は病態生理などの知識や看護技術のスキル向上と共に、コミュニケーションスキルも求められます。もう新人はパニックですよね。しかし、院内留学を体験することで、看護の幅広さや大変さはもちろん、同じ患者さまに関わるチームとしての連携の重要性を感じ取って欲しいです。

八尾徳洲会総合病院 看護部 崎山

一覧へ戻る

page top
徳洲会について
- グループ理念・理事長メッセージ
- 徳洲会ってどんなところ?
- 徳洲会グループの原点
- 徳洲会グループの成り立ち
- 海外ネットワーク
看護部のご紹介
- 看護部 概要
- 看護部 特徴
- 徳洲会グループの取り組み
- 教育プログラム
- スタッフメッセージ
看護師を目指す方へ
- 募集要項
- 奨学金制度
- 福利厚生
- 先輩ナースのメッセージ
- 助産師募集
- 看護部情報誌「徳看マガジン」
- 高校生から進む 看護職への道
施設一覧
- 北海道地方
- 東北地方
- 関東地方
- 中部地方
- 近畿地方
- 中国・四国地方
- 九州地方
- 離島・沖縄地方

一般社団法人 徳洲会 〒102-0074 東京都千代田区九段南1-3-1 東京堂千代田ビルディング14F
TEL:(03)3262-3133
Copyright(C)Tokushukai All Rights Reserved.