がんばれ新人看護師さん全力応援企画

がんばれ新人看護師さん
全力応援!

武蔵野徳洲会病院(東京都)

感謝の言葉や笑顔が嬉しい

若林 樹(わかばやし いつき)

武蔵野徳洲会病院 2A病棟看護師

小学生の頃から憧れていた看護師になり2カ月。あらためて責任もって多様な患者さんに医療・看護を提供していく大変さを痛感しています。

最初は病棟の業務の流れについていくことに精一杯でしたが、今は職場にも慣れ、できることが増えてきました。まだまだ覚えなければならないことが多く、先輩方や患者さんから教わる日々ですが、それでも患者さんや家族の方が顔や名前を覚えてくださったり、「ありがとう」と笑顔を見せてくださったりすることがとても嬉しく、看護師として働く喜びややりがいを感じています。

私の理想は、出会った患者さんや家族の方を笑顔にし、1人でも多くの力になれる、そして一人ひとりに寄り添い、より良い医療・看護を提供できる看護師です。そのためには、基本的な実践能力を高める勉強はもちろん、患者さんの身体的・精神的・社会的な面にも目を向けなければなりません。患者さんが安全で安楽な入院生活を送れるように、日々、成長していきたいと強く感じています。

患者さんとのかかわり大切に

小林 葵(こばやし あおい)

武蔵野徳洲会病院 6A病棟看護師

この春、武蔵野徳洲会病院で看護師としての第一歩を踏み出してから、気付けば2カ月が経ちました。はじめは病棟の一日の流れを把握するだけで精一杯でしたが、日々、先輩からさまざまなことを教わり、少しずつ仕事にも慣れ看護師としての自覚がもてるようになってきました。

私は学生の頃、できるだけ患者さんのもとに行きコミュニケーションを図ることを意識していました。しかし、実際に看護師となり忙しい環境に身を置くと、いつの間にか患者さんとかかわる時間は少なくなっていました。その様子が先輩の目に留まったのでしょう。ある時、「患者さんとのかかわりを大切にするように」との指導を受けたので、何気ないことでも患者さんに声をかけるようにしました。すると、私の名前を覚えてくださっていたり、無口だと思っていた方がいろいろな話をしてくださったりして、患者さんとの距離が近くなったような気がしました。今は「もっと患者さんについて知りたい!」という気持ちが芽生えています。

できないことがいくつもあり、疾患の知識も不十分なため、患者さんのことをきちんと理解できていません。未熟な自分に悔しさを覚える時もありますが、患者さんとのかかわりを大切に、努力を重ねて先輩方のような看護師になれるよう、一歩ずつでも前に進んでいきたいと思います。

武蔵野徳洲会病院のご紹介・求人募集要項などはこちらから確認できます。

武蔵野徳洲会病院施設ページへ


徳洲会グループ 看護部のご紹介

関連リンク

徳洲会グループホームページへ

page top
徳洲会について
- グループ理念・理事長メッセージ
- 徳洲会ってどんなところ?
- 徳洲会グループの原点
- 徳洲会グループの成り立ち
- 海外ネットワーク
看護部のご紹介
- 看護部 概要
- 看護部 特徴
- 徳洲会グループの取り組み
- 教育プログラム
- スタッフメッセージ
看護師を目指す方へ
- 募集要項
- 奨学金制度
- 福利厚生
- 先輩ナースのメッセージ
- 助産師募集
- 看護部情報誌「徳看マガジン」
- 高校生から進む 看護職への道
施設一覧
- 北海道地方
- 東北地方
- 関東地方
- 中部地方
- 近畿地方
- 中国・四国地方
- 九州地方
- 離島・沖縄地方

一般社団法人 徳洲会 〒102-0074 東京都千代田区九段南1-3-1 東京堂千代田ビルディング14F
TEL:(03)3262-3133
Copyright(C)Tokushukai All Rights Reserved.