• English
  • ホーム
  • サイトマップ
ご意見・お問い合わせ
血管の病気

下肢静脈瘤

静脈の働き

全身の動脈と静脈
全身の動脈と静脈

心臓から出た血液は瞬く間に全身の臓器にくまなく流れていきます。

血液を全身に運ぶ管が動脈です。 心臓から全身の臓器に運ばれた血液は別の管を使って心臓に帰ってきます。心臓へ帰ってくる血管を静脈といいます。静脈は動脈と違い静脈の血圧も低く薄い血管です。静脈の病気は足の静脈の流れが悪くなり、足の静脈が膨れてくるもの(静脈瘤)や、静脈内に血栓ができて静脈の流れが停滞したり(下肢血栓性静脈炎)、静脈の血栓が肺に飛んだりする(肺梗塞)ものがあります。

ページトップへ

静脈瘤とは

足の表面に静脈が膨らんでこぶみたいに見える病気です。

ページトップへ

原因は

静脈の壁は柔らかい薄い皮でできています。足に到達した血液は重力に逆らって心臓に返ってきます。そのため、静脈には血液が逆流しないように逆流防止弁がところどころに存在します。足の静脈には皮膚の表面にある静脈(伏在静脈)と奥深くある静脈(深部静脈)の二つがあります。そのほか網の目のように無数の静脈が存在します。足の表面の静脈の血の流れが悪くなり静脈に血がたまって静脈が膨れる(瘤)ことを静脈瘤といいます。静脈の血の流れが悪くなる主な原因として、足の表面の静脈が奥深くある静脈(大腿静脈)へ流入する場所にある弁が悪くなり逆流することによります。

下肢の静脈の働き
  • 足の静脈で重力に反して血液を上に運ぶ
  • 静脈には弁があり、血液が下へ逆流しないようになっている。
重力に負けて血液が逆流すると
静脈瘤 静脈瘤

静脈瘤

正常 正常

正常

静脈瘤静脈瘤

静脈瘤

正常の静脈正常の静脈

正常の静脈

ページトップへ

症状は

足特に下腿の皮膚の表面に膨れた静脈が見えてきます。
ひどい場合は、足の皮膚が黒ずんで欠損し、腐ってくる場合があります(非常にまれですが)。
自覚症状として

  • 足がだるい
  • 足が痛む
  • 足がかゆい

があります。

毛細血管でも血の巡りが悪くなる

ページトップへ

ほっておくとどうなるの?

まず命に別状はありません。足の色が黒ずんできた場合には、どんどんひどくなって皮膚が欠損してくることがありますが、まれです。

足がだるい、痛むなどの症状がひどくなっていくことがあります。炎症を起こして痛みがひどくなることもまれですがあります。

ページトップへ

診察でわかりますか?

足を見させていただければ、診断は可能です。

静脈瘤にも小指ほどの太い静脈瘤ができるものと網の目のように表面が青く見えるだけのものがあります。また、大きさ、数、範囲も様々です。

ページトップへ

病院にかかる必要は

見た感じがいやだ。(美容上)

だるい、痛いなどの症状がある。

症状は無いけど静脈瘤の程度がひどい。

以上のような場合は、病院での診察を受けることをお勧めします。

ページトップへ

病院に来られた場合の我々の対応は

まず、診させていただきます。静脈瘤かどうか判断します。また、別の病気かどうかも判断します。たとえば、皮膚病、閉塞性動脈硬化症、血栓性静脈炎などの病気と鑑別する必要があります。

ページトップへ

静脈瘤と診断されたら

診断は見させていただければ、簡単に判断できます。

静脈瘤と診断したばあい、そのタイプ、程度と患者様がどの程度困っているかを聞いて、治療法を決めます。

ページトップへ

超音波検査で何がわかる?

静脈瘤の原因である伏在静脈が大腿静脈へ合流する場所での弁の逆流があるかどうかを見ます。これで、原因と程度を確認します。かつ、手術のときに切る血管の場所を確認します。

ページトップへ

どんな治療法があるの?

薬はまずありません。圧迫療法(ストッキング)と手術療法です。

ページトップへ

圧迫療法

手術前の静脈瘤

手術前の静脈瘤

これ以上ひどくならないように、足にストッキングを着用します。静脈瘤では静脈の中に血液が充満しています。ストッキングでこれを圧迫して、血液の充満をなくします。静脈は流れの悪いところにたまってきやすいので、圧迫して血液を悪い静脈から追い出すことによって、別の静脈が働いて血の流れをよくします。ストッキングをすることで、足のだるさなどがなくなります。しかし、ストッキングによる圧迫感や外見上の問題もあります。ストッキングで静脈瘤が消失するわけではありません。

静脈瘤をなくすには手術以外にありません。簡単な手術で済むために困っておられる場合は手術をお勧めします。

ページトップへ

手術療法

高位結さつと瘤になった静脈瘤を抜き取るのが基本です。

原因としての伏在静脈から大腿静脈への合流部での逆流を止める必要があります。この場所の静脈を縛って切り離すことで逆流を止めます。これを高位結さつといいます。逆流がひどくない場合は高位結さつをしなくてすむこともあります。

瘤になった静脈瘤は取り除くか、血液の流れを止めるしかしないと消失しません。取り除いて血液の流れを止めても、他の静脈が働くので問題ありません。5mmほど皮膚を切開し、表面の静脈瘤を取り出して抜き取ります。少し出血しますが、圧迫ですぐに止まります。

手術は腰椎麻酔で行います。背骨に麻酔薬を注入して、下半身の痛みを完全にとります。手術中会話もできますし、自分で呼吸をしていただきます。そけい部を1.5cmほど切開し、伏在静脈から大腿静脈への合流部の静脈を縛って切り離します。ところどころ5mmほど皮膚を切開し、表面の静脈瘤を取り出して抜き取ります。片方の足で約30分かかります。手術が終了したら足を包帯で圧迫し病棟で安静にしていただきます。日帰りで退院も可能ですが、安全のため一泊入院をお勧めしています。翌日朝に傷口の消毒をして、退院していただきます。退院後はそのままにしていただき、(風呂あるいは傷口が心配な場合は消毒をしていただき)、1週間後に再度受診していただいて傷口の確認をさせていただきます。それ以降は受診する必要はありません。手術後に長期的に再発する確率は5%程度と思われます。

手術
腰椎麻酔
腰椎麻酔
高位結サツ
高位結サツ
静脈瘤の抜去
静脈瘤の抜去
抜去した静脈瘤
抜去した静脈瘤
手術後
手術後

ページトップへ

硬化療法

瘤になった静脈瘤に硬化液を注入し血液の流れを止める方法です。硬化液は静脈内で炎症を起こし、血液の流れを止めてしまいます。これで静脈瘤は硬くなって小さくなります。この方法は皮膚を切開せずに注射するだけで可能です。しかし、程度の軽いものあるいは表面の網目状の静脈瘤に行いますが、効果の無い場合もあり慎重に適応を決めております。

ページトップへ

一般社団法人徳洲会

102-0083 東京都千代田区麹町3-1-1 麹町311ビル8階
TEL:03-3262-3133 FAX:03-5213-3602

Copyright (C) 2011Tokushukai  All Rights Reserved.